ここまで開発について学べて、有意義な議論ができる場所ってないんじゃなかろうか…

2018/11/28 カテゴリー:WEBサービス開発 

「サービスだけで生きていく」をコンセプトに集まるオンラインサロン入江開発室

SPONSOR

入江開発室に入るメリットは、まずプロジェクトに参加して実践経験で学べる、ということがひとつ。

プロジェクトごとにチームを結成。チームで経験、コードレビューによって技術的なスキルアップができます。

そして完成したら実績にもなるし、仲間も増える。

ただ、これは忙しかったり、参加してみたいPJがないと入れないという側面もありました。

メリットその2は、サービスづくりについてんコラムが読めること。これはほぼ毎日僕がサービスづくりで学んだ知見をシェアしています。

そしてもう一つみつけました。それはスレでの議論です。

各種言語での開発のプロが集まってるので、議論がとても有意義。昨日は「開発における設計」について、それぞれの意見を出しあったり、やり方を聞いたり。

個人開発で設計をないがしろに作ってきた僕にとっては勉強になることばかりでした。

このような議論をすることで開発フローも磨かれていきます。ちなみに、いま、入江開発室のPJの進め方はこうなってます。

1.内容の企画
2.スキルマップ作成
3.画面・仕様設計・機能一覧
4.githubリポジトリ用意
5.最初のPJをリードエンジニアがプッシュ(Laravel、Rails)
6.Dockerなどで環境構築
7.ER図作成 リードエンジニア
8.開発
9.サービス名・ドメイン取得・サーバー設定
10.完成時に先に入江開発室でチェックする

これもPJを進めて壁にぶつかりながら最適解を探して固まっていった流れです。これはこれからも、もっと変わっていくはず。

それぞれの専門家、スキルが高い人から、勉強中の人までいるので、いろんな視点・ジャンルの話題があります。デザイナーもいるのでデザイン面からの意見も聞けます。

これはメンバーが300人と増えたことによる嬉しい効果。もっとメンバーが増えていろんなスキルを持った人が入ってくると、この集合知はとてもすごいことになります。

これからも、メンバーに感謝しつつ、みんなにとって学びの多い場所にしていけたらいいなと思っています。

SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
サービスで世界をよりよくするために挑戦中。個をエンパワーメントするプロダクトをつくっています。個人開発コミュニティ「入江開発室」を運営(約300名) / MENTAなど20個以上のプロダクトを開発。
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす