MENTAをつくって5ヶ月目のガチでリアルな結果報告。ついに売上100万突破!

2018/11/07 カテゴリー:WEBサービス開発 タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月恒例のMENTAの結果報告です。MENTAはいつでも相談できるメンターが探せるサービスです。もうオープンして5ヶ月が経ちました。(前回はこちら

SPONSOR

売上116万と1.4倍にアップ!!

今月はついに100万突破!

前月売上80万から一気に上昇。基本は定期課金で積み上がっていくモデルなので、新規顧客を増やし、継続してもらえれば売上は上がっていきます。

1ヶ月間のアクセス、新規契約者数などのデータはこちら。アクセス数はゆるやかに上昇、定期課金者がぐわっと増えました。

それでは、どんなことをやって売上が上がったのか、今月を振り返ってみます。

ファンコミュニティでメンターとともに共創する

MENTAを使ってくれているユーザーさんの声を直に聞いてディスカッションするために、ファンコミュニティSlackをつくりました。現在60名近いユーザーさんが参加してくれています。

やみくもに機能を追加していくのは失敗のもと。誰も使わないものをつくってる時間はありません。

アイデアがでてきたら、一旦ここで意見をもらって揉むようにしました。

メンターさんとは運命共同体。メンターさんの契約数・継続数がそのままMENTAの売上に直結します。目指すべきゴールは同じ。一緒にMENTAをいいサービスに育てていきます。

ユーザーさんのリアルな声を聞ける場所はとても貴重です。というか、声を聞かずにサービスはつくれません。

SPONSOR

方向性を明確に!プログラミング中心のメンターへ

しばらく運用してみて、あきらかにエンジニアのメンターが増えてきました。ここで初期ターゲットを明確にするため、エンジニアのメンターとメンティーをつなげるサービスであるということをはっきり打ち出すことに。それにあわせて、トップをリニューアル。キャッチコピーも変えました。

結果、1週間の比較で登録数:36(16.1%↑)、定期課金数:28(47.4%↑)、売上:約234,900円(-6.5%↓)と大きく登録数が増えました

入江開発室内での教えあいに使ってもらう

入江開発室にはprogateしかやっていないとか、実践に参加したことがない駆け出しエンジニアもたくさんいます。

入江開発室では実践プロジェクトが多数動いているのですが、初心者がいきなりそこには参加しづらい…ということで、開発室メンバーにメンターになってもらってサポートできる仕組みをつくりました。

開発室内のSlackにメンターの専用チャンネルをつくって技術サポート。つまづきやすい最初の壁はメンターと乗り越えたほうが早いです。
(こんなやりとりをしてます)

実際にメンターさんはどんなやりとりをしてる?


例えばプログラミングを教えてくれるメンターさんはたくさんいるけど、誰に頼んだらいいかわからない。

ということで、実際にやりとりしている内容を記事で公開してみました。(実際にこの記事をみて契約されたメンティーさんもいました!)

毎週仮説検証を繰り返す

毎週何らかの仮説をたてて実行し、結果を入江開発室内でシェアしています。そうすることで、確実にMENTAは前進していきます。

今後はMixpanelを入れて新規契約をKPIとして、新規登録しているユーザーのアクションを深掘りしてグロース策を考えていこうとしています。

MENTAを使っていて、一緒に盛り上げてくれる方はMENTAファンコミュニティへ!サービスづくりに興味がある方は入江開発室でお待ちしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす