【サービスをつくる理由】本当にそのサービスを使う人はいるのか?

2018/11/01 カテゴリー:WEBサービス開発 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いままで20個ほどサービスをつくってきました。そしてそのほとんどは失敗してきました。
そんな僕が最近思うのは、数撃ちゃあたる戦法はやめたほうがいいな。ということ。

まずは自分が使うもの、もしくは不便だと感じているものを解決するサービスをつくることをおすすめします。

SPONSOR

失敗してきたものを振り返ると「こんなのあったらどうかな?」「こういうのあったら使われそう」というノリでつくっていました。

しかし、蓋をあけてみると誰も使ってくれない。さらには自分も使ってない。こんなサービスが愛されるはずがありません。

愛されるサービスをつくらなければ、ユーザーは定着しません。

つくってる本人にも愛が必要です。そうでないと続けられないし、課題すら見えません。

少なくとも自分が必要としているサービスがつくりやすい

クラウド見積請求書サービスCLOUD PAPERもそうでした。当時、競合サービスは2-3個ありましたが使ってみてもしっくりこなかった。だから、自分自身が使うためにつくったものでした。それが2012年。いまも月15万ほどの利益をだしていますし、利用し続けてくれるユーザーがいます。

そうではないサービスは死んでいきました。だれにも使われないサービスほど悲しいものはありません。

でもほとんどの人は、誰が使うかわからないサービスをつくっているんです。たとえ一瞬使われたとしても、ユーザーは去っていくでしょう。

いま運営しているMENTAも、僕自身の経験から生まれました。体験している僕にしかつくれないんじゃないかとも思っています。そのくらい愛着があります。MENTAはファンコミュニティをつくってメンターさんを中心に交流させてもらっています。生の声を聞けるのはとてもありがたく、方向性を決めていくのに役立っています。

なにかつくってみたいなーと思ったなら、まずは自分が使うもの、もしくは不便だと感じているものを解決するサービスをつくることをおすすめします。自分と数人しか使わないかもしれないものをつくる。そうすると、意外に使ってくれる人が増えていくものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす