Skip to content →

同じようなサービスがあっても、つくりたいと思えますか?

入江開発室の中にイリエモンチャンネルをつくって相談を受けてます。

今日はこんな質問がありました。

サービスを作ろうと思うと、だいたい誰かが似たようなサービスをやっていて「それ使ったら良いや」ってなるので作りたいとまで思えないのですが、
「サービスを作ろう」という風にどうやったらなれますか?

CLOUD PAPERの時はmisocaがすでにありました。そして、最初は使ってたんですけど、どうにも使いにくかったんですよね。ほしい機能が足りてなかったんです。じゃあ自分でつくろう!となったのがはじまりでした。

例えばevernoteは僕は作りません。充分満足してるからです。CLOUD PAPERのように、すでにあるサービスを使っていて、不満があればつくると思います。

サービスをつくろうという最初のきっかけは、「こういうのほしいよなぁ」がはじまりです。

MENTAの場合は、僕が先輩に教えてもらってスムーズにスキルを習得できたけど、まわりにそういう先輩がいない人がたくさんいる。これを解決したい。というのがはじまりでした。

すでにココナラなどのスキルシェアはあったけど、僕が考えているものとは違いました。単発で相談・解決するものではなく、継続的なメンターとして関わり、師弟関係ができたらいいなと考えていたからです。じゃあ、なければつくろう!と。

類似サービスがあったとしても、それに満足できるならつくらなくてもいいのかなと思います。

僕の場合は「自分が感じた課題を解決する」「自分自身も使うサービス」という2つの条件でつくっています。

たとえ自分と数十人くらいしか使わなかったとしても、このサービスがほしい!と思えるならつくるかなーと思います!

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
教える、学べるオンラインメンターサービスMENTAの代表 / 2-30個のサービスをつくり、M&Aで億単位の売却 / 受託開発20年→受託をやめサービス開発に専念→個人開発でつくったMENTAがヒット→ランサーズグループにジョイン / YouTubeで「サービスづくりで生きていく」配信中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SUBSCRIBE

メールマガジンに登録いただけると、ブログの新着記事をお知らせいたします。(励みにもなります!)また、YouTubeチャンネルでも個人開発・サービスについての情報を発信中です。

SPONSOR

Published in WEB SERVICE