初心者エンジニアの方へ「そろそろ、実践で開発してみませんか?」

2018/10/19 カテゴリー:WEBサービス開発 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

progateや学習サイトで勉強はしたけど、自分で何かをつくるのはハードルが高い。
かといってスクールに通うと3-40万もかかってしまう。そんな声をよく聞きます。

SPONSOR

実践での開発が一番レベルアップできる

勉強のために勉強しているのではなく、自分でサービスをつくるとか、就職するとかそんなゴールがあると思います。

僕は「自分のサービスで生きていく」ことを目的としたエンジニアが集まるオンラインサロン「入江開発室」を運営しています。

ここでは、僕が発案したサービス企画や、メンバーが企画したアイデアをもとにチームで実践的に開発を行っています。すでに10数個のプロジェクトが立ち上がりました。
入江開発室のメンバーは面白そうなプロジェクトを探して、できる範囲(無理せず、関われる時間だけ)で関わってみんなで開発をしています

実践で開発することで現場のことがわかります。人が書いたソースコードをみたり、ベストプラクティスなやり方を学んだり。

一方、初心者だといきなり実践に入るのは怖いし、迷惑をかけてしまうんじゃないかという不安があります。だから、なかなか参加できないメンバーも数多くいました。

初心者もメンターをつけてサポートしてもらいながら実践開発

入江開発室内にはプログラミングを教えることができる人もたくさんいます。そこで、好きなプロジェクトにメンターをつけて参加できるようにしました

メンターをつけても月々数千円レベル。入江開発室のサロン代を入れても1万円かかりません。(スキルが上達したら、メンターをつけなくてすむようになるので2,980円だけになる)

サービス開発の現場にはいれて、しかも教えてもらえる。完成したら実績にもなりますし、仲間も増える。はっきりいってこんな環境ほかにありません。デザイナーやマーケターの方なども在籍していますので、幅広い知見がはいってきます。

また、僕も毎日、自分のサービスについてだったりコラムを配信してます。

ぜひ、お気軽に入江開発室に入ってみてください!お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす