Skip to content →

入江開発室ではどうやってプロジェクトが動いているの?報酬形態も全部公開。

入江開発室が急速に動き出しはじめています。
現在、約400名(うち150名は無料)。

今動いているプロジェクトは合計8つ。例えば、正田圭さんが来年出す本「起業戦闘力」に合わせてコラボでサービスをつくっています。


どうやってプロジェクトができる?

slackにアイデアチャンネルをつくっていて、だれでもネタを投稿できます。それをみて、参加してみたい!と思った人が返信してメンバーが集まればプロジェクトスタート。(仮に参加者がいなくても1人ではじめることも可能。開発しながらメンバーを集めていく)

好きなプロジェクトへ自由参加。途中参加、やめるのもOK。納期などもなし。この段階では報酬はなし。

サーバー・ドメインは開発室で用意。費用の負担なくサービスをつくれる環境が揃っています。

売上が上がった場合の報酬はどうなる?

基本方式にするかギルド方式にするか、リーダー(アイデア発案者)が決めれます。

基本方式

売上は一旦全て開発室へ。その後、開発室より個別に主要メンバーと準委任契約。金額はその時のタスクなどを勘案。(毎月◯万円のような固定契約)継続開発および、メンバーとの個別相談により、そのほかのプロジェクトや運営側としてサポートも。

ギルド方式

売上の30%を入江開発室に、そして70%は各々で取り分を決めていく。(配分は最初にチームで決めておく)もしくは70%をオーナーが受け取り、基本方式のようにオーナーが各メンバーと準委任契約をむすぶ。

そのほかの報酬

uniposのような感謝を送りあえる仕組みを入れる予定。
・売上がでたら広報や事務的なものについても契約して依頼していく。
・さらに規模や件数が増えてきたら、管理マネジメントも委託。

入江開発室でバリバリやると、お金には困らないという状況は早く作りたいです。そして、これは2018年8月現在のことで、今後、変わる可能性はあります。まだ模索中です。

開発できなくてもプロジェクトをつくれる

たとえ自分で開発できなくても、課題をもっていて、それを解決する意思さえあればアイデアをだしてメンバーを集めて開発ができます。普通に起業して同じことをやろうとすると、多大なコストがかかりますが、入江開発室ではリスクなくスタートできます。

プロジェクトに参加しなくてもOK

プロジェクト以外のチャンネルも準備しています。

フィードバック

つくったサービスをのせて、メンバーからフィードバックを受けられるチャンネル。

サービス開発に役立つ本など

そのまま。サービス開発に役立つ記事や本、ツールなどを紹介しあってます。

駆け出しエンジニア

初心者エンジニアが集まるチャンネル。

初心者質問用

プログラミングなど、上級者に質問できるチャンネル。

ビジネス英語学習チャンネル

ビジネス英語を勉強するチャンネル。英語でしか会話禁止です(笑)
個人的には海外の技術ブログを読めるようになりたいです。

入江開発室はサービスファクトリーになりつつあります。


https://twitter.com/iritec_jp/status/1029258029512847360

Published in WEBサービス開発