コンテンツへスキップ →

Twitter社によるJobTagのアプリケーション停止と復活まで

Twitter社からメールが届き、JobTagのAPIが停止していました。こういう場合に、どう対応して再開できたのかをまとめておきます。今後もあるかもしれないので。

ちなみにJobTagはTwitterログインでしか使ってないので、何もスパム的な使い方はしていません。まず、メールに記載のあるサポートフォームのリンクをクリックして入力します。

数分後にテンプレメールが届きます。
APIを使ったスパム投稿、オートフォロー・アンフォローなど規約に違反した使い方をしている可能性がありますというような内容。

このメールに返信します。

例)
・App ID and consumer key
App ID:xxxxxx
consumer key:xxxxxx

・Link to and instructions on how to log into your app to review it for compliance
https://xxxxxx.jp/
center bluebutton click [Twitterでログイン]

・A list of specific changes that you have made to resolve policy non-compliance
We are using only twitter login, and we do not try API for posting.

このあと、Twitter社より、「ごめんね、自動検閲にひっかかったみたいだよ。解除しといたから。」という主旨のメールが届けば完了です。とりあえず、解除されてよかった…。

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: WEB SERVICE