Skip to content →

ブラウザ上でCSSの変更が試せる!Safariの開発ツールはコーディングに手放せない

Safariの開発ツールが優れています。Webサイトを作るときにはもはや手放せなくなっているのですが、今回はこの開発ツール機能をご紹介します。

クリックで該当箇所をチェック

safari開発ツールの優れているところはなんといっても「検査」機能。まずは、safariを立ち上げて開発ツールからWebインスペクタを表示します。
kensa

この状態で、Webサイト上にマウスをもっていくと、要素が色付きで表示されます。調べたいところをクリック。
youso
そうすると、右側に選択された要素に関連するCSSプロパティがずらっと表示されます。
tool
ここからが便利な所なのですが、値の変更もここで試せます。試しにliのpaddingを消しました。そうするとリアルタイムにブラウザ上でもpaddingが消えたことが分かります
padding0
今度はbackgroundを#000で黒にしてみました。
background
このようにCSSファイルを直接書き換えなくても開発ツール上で試せます

コンソールでjavascriptの検証も

コンソールがついており、エラーやconsole.logの出力でテストにも使えます。
console

ちなみにfireoxにも同様にsafariと同じような開発ツールがあり、こちらも使いやすいのでおすすめです。

iOSシミュレーターとの連動も

iOSシミュレーターのsafariでWebページを表示した状態で、macのsafariから開発→iOS Simulatorを選ぶとソースを表示します。
ios
こちらも同じように開発ツールで操作可能。
ios_mac

スマホサイトの制作には以下もご参考にどうぞ。

[sc name=”engeneer”]

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SPONSER

Published in HACK 開発奮闘記