ブラウザ上でCSSの変更が試せる!Safariの開発ツールはコーディングに手放せない

2018/03/23更新 カテゴリー:ビジネスハック,開発奮闘記 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Safariの開発ツールが優れています。Webサイトを作るときにはもはや手放せなくなっているのですが、今回はこの開発ツール機能をご紹介します。

SPONSOR

クリックで該当箇所をチェック

safari開発ツールの優れているところはなんといっても「検査」機能。まずは、safariを立ち上げて開発ツールからWebインスペクタを表示します。
kensa

この状態で、Webサイト上にマウスをもっていくと、要素が色付きで表示されます。調べたいところをクリック。
youso
そうすると、右側に選択された要素に関連するCSSプロパティがずらっと表示されます。
tool
ここからが便利な所なのですが、値の変更もここで試せます。試しにliのpaddingを消しました。そうするとリアルタイムにブラウザ上でもpaddingが消えたことが分かります
padding0
今度はbackgroundを#000で黒にしてみました。
background
このようにCSSファイルを直接書き換えなくても開発ツール上で試せます

コンソールでjavascriptの検証も

コンソールがついており、エラーやconsole.logの出力でテストにも使えます。
console

ちなみにfireoxにも同様にsafariと同じような開発ツールがあり、こちらも使いやすいのでおすすめです。

SPONSOR

iOSシミュレーターとの連動も

iOSシミュレーターのsafariでWebページを表示した状態で、macのsafariから開発→iOS Simulatorを選ぶとソースを表示します。
ios
こちらも同じように開発ツールで操作可能。
ios_mac

スマホサイトの制作には以下もご参考にどうぞ。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす