コンテンツへスキップ →

イラレでの提案書づくりをやめて、keynoteを使ったら戻れなくなった

クライアントへの提案書は数年前までイラストレーターで作っていました。理由はWebやアプリの提案になるので、ある程度のデザイン性はほしいし、図や写真の配置が楽だったからです。ただ、ちょっと時間がかかることとと、複数ページ作る時の管理が面倒だな…という問題はありました。

keynoteを使ってみたら

1年前からkeynoteで作ったところ、これまでの提案書と大差なく、しかもより早く作ることができたことから、提案書を作るときにはkeynoteになりました。提案書だけでなく、システム構築前の画面設計書を作るときにも役にたちます。

keynoteのいいところ

マニュアルがなくても使い方がわかりやすい

メニューが非常にシンプルにまとめられています。
menu
表、グラフ、文字、図形、画像、提案書を作るにはこれだけで十分です。

使いやすいと感じるのは、すべて操作方法が同じように作られているということ。配置したものを選択すると、右側のビューに「スタイル」「テキスト」「配置」と出てきます。

スタイル。文字の色や影、透明度等の装飾設定。
text1

テキスト。フォントや配置、間隔など。
text2

配置。
text3

これは他の表や図形等も同じようなタブがでてきます。ですのでオブジェクトを配置したら、選択すると右側のビューで色々設定ができる。という流れが作られているため、操作に迷いません。これが学習コストを下げているのだと思います。学習コストが低いということは、社員間やクライアントとのファイル共同作成もやりやすいですね。

複数ページの管理がしやすい

複数ページが左側にサムネイルで表示され、コピーや並び替えがかんたんです。一つのファイルでページを管理しやすいため、全体を修正する時や他のページで使ったパーツをコピーしたりするのも楽です。
page

テンプレート

会社独自のデザインテンプレートを作っておくこともできます。
master

その他、イラストやアイコンを使いたい時はIllustratorで作ったものを貼り付ければいいと思います。完成したものはPDFにも一発変換できますし、今のところ使ってきた中で弱点といった弱点が見あたらないです。もしまだ使ったことがない人がいたら、触って試してみてもらうと使いやすくて驚くはず…。

Keynote

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK 生産をあげるITツールの紹介 開発奮闘記