イラレでの提案書づくりをやめて、keynoteを使ったら戻れなくなった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クライアントへの提案書は数年前までイラストレーターで作っていました。理由はWebやアプリの提案になるので、ある程度のデザイン性はほしいし、図や写真の配置が楽だったからです。ただ、ちょっと時間がかかることとと、複数ページ作る時の管理が面倒だな…という問題はありました。

SPONSOR

keynoteを使ってみたら

1年前からkeynoteで作ったところ、これまでの提案書と大差なく、しかもより早く作ることができたことから、提案書を作るときにはkeynoteになりました。提案書だけでなく、システム構築前の画面設計書を作るときにも役にたちます。

keynoteのいいところ

マニュアルがなくても使い方がわかりやすい

メニューが非常にシンプルにまとめられています。
menu
表、グラフ、文字、図形、画像、提案書を作るにはこれだけで十分です。

使いやすいと感じるのは、すべて操作方法が同じように作られているということ。配置したものを選択すると、右側のビューに「スタイル」「テキスト」「配置」と出てきます。

スタイル。文字の色や影、透明度等の装飾設定。
text1

テキスト。フォントや配置、間隔など。
text2

配置。
text3

これは他の表や図形等も同じようなタブがでてきます。ですのでオブジェクトを配置したら、選択すると右側のビューで色々設定ができる。という流れが作られているため、操作に迷いません。これが学習コストを下げているのだと思います。学習コストが低いということは、社員間やクライアントとのファイル共同作成もやりやすいですね。

複数ページの管理がしやすい

複数ページが左側にサムネイルで表示され、コピーや並び替えがかんたんです。一つのファイルでページを管理しやすいため、全体を修正する時や他のページで使ったパーツをコピーしたりするのも楽です。
page

テンプレート

会社独自のデザインテンプレートを作っておくこともできます。
master

その他、イラストやアイコンを使いたい時はIllustratorで作ったものを貼り付ければいいと思います。完成したものはPDFにも一発変換できますし、今のところ使ってきた中で弱点といった弱点が見あたらないです。もしまだ使ったことがない人がいたら、触って試してみてもらうと使いやすくて驚くはず…。

Keynote

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
15年続けた受託開発をやめ、自分が作ったサービスだけで生きていくことを決意。同じゴールを目指す仲間が集まる入江開発室を運営 / 師弟関係がつくれるサービス「MENTA」をつくりました。
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす