コンテンツへスキップ →

WordPressをサーバー移行する際の流れ

ドメインが変わったりして、WordPressを移行することが多いので、流れをまとめてみました。

データをバックアップ

まずは、なにはなくとも全データをバックアップ。サーバーからWordPressのプログラムファイル及び画像ファイル一式をまるごとダウンロードします。そして、データベースのデータもダウンロード。いざという時にすぐに戻せるようにしておきます。

移行先のサーバーにデータをアップ

WordPressプログラム一式とデータベースをインポートします。プログラムはFTPでアップするだけなので、かんたんですね。データベースはレンタルサーバーだとPHPMyAdminが入っていることが多いので、これを使ってエクスポート&インポート。

export

import

PHPMyAdminを使ったインポートの場合、サイズに制限があります。サイズが多すぎて移動できない時は、BigDumpを使えばOK。

Tips:BigDumpの使い方

サイトからBigDumpをダウンロードします。
bigdump
ダウンロードしたbigdump.phpを開いて、データベースのパスワードなどを設定しておきます。
bigdump_edit
次に、新しい方のサーバーにbigdump.phpとインポートしたいSQLファイルも同階層にアップしておきます。

そしてブラウザからbigdump.phpを開いて、「Start Import」を押せばインポートがはじまります。
start
データベースサイズが大きくても安心です。

データベース内のURLを変更する

このまま新ドメインのWordPress管理画面でログインしようとしても、旧ログインページに転送されてしまいますので、PHPMyAdminを使って*_optionsテーブルを開いて編集します。2箇所、option_urlとhomeの2つを新しいドメイン名に変更します。

画像のパスを変更する

記事内でアップしている画像は旧ドメインのURLのままになっているので、これも新ドメインに変更しなければなりません。もちろん記事を一つ一つ編集してられないので、Search Regexというワードプレスプラグインで一気に置換します。
searchRegex

パーミッションを変更

wp-content/upload/フォルダのパーミッションを707に変更して、画像をアップできるようにします。

旧ドメインURLからの転送

これで新しい方のドメインにWordPressの移行は完了です。最後に、旧ドメインの方のURLにアクセスした訪問者を新ドメインの方に転送します。これは、旧ドメインのサーバー内の全ファイルを削除した後に、.htaccessファイル名でファイルを作成。

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^旧ドメイン名
RewriteRule ^(.*) http://新ドメイン名/$1 [R=301,L]

とすると、古い方の記事にアクセスがあった時に、新しい記事に転送してくれます。これでサーバー移行完了です。

そのほか、「SEOを考慮したWebサイトの引っ越し・移転の手順」もご参考に。

[sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK 開発奮闘記