コンテンツへスキップ →

Swiftで複数の値を1個の値として扱える「タプル」を使うと捗る。

複数の値を1個の値として扱える、それがタプルです。配列と似ていますが、違うのは後で値を追加したり削除したりすることができないというところ。値の変更は可能です。

let name = (“入江”,”山田”)
型を指定して入れることもできます。
let name:(String, String) = (“入江”,”山田”)

値の取り出し方

let name = (“入江”,”山田”)
println(name.0)
出力:入江
name.1にすると山田と表示されます。

もしくは
let (name, name2) = (“入江”,”山田”)
println(name)
出力:入江
というような記述もできます。

値にラベルをつける

let color = (red:100, blue:50)
println(color.red)
出力:100

ラベルをつけることで、より分かりやすくなります。

[sc name=”ios”][sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: 開発奮闘記