Swiftの変数と型について

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Swiftの型は型推論ということで、型を指定しなくても推論で型が決められます。

SPONSOR

定数は
let num = 1
値は後から変更できません。

変数は
var num = 1
num = 2
のように変更可能。ちなみに、最初に値が入る時に型が決められます。この場合、Int型になっているため、後からnum=“数字”のように文字は代入できません。

複数の変数を合わせる場合

例えば、以下の様なDoubleとIntを一つにまとめる場合。

let tax = 0.08
var tanka = 100
var kosu = 5
var price = tanka * kosu * (1 + tax)
とすると、priceの型が定まらずにエラーとなります。

ここは、
var price = Double(tanka * kosu) * (1 + tax)
とすると、Double型でうまく動きます。
このような型の変換をキャストといいます。

型の種類

String文字列型
Array配列型
Dictionary辞書型
Int整数型。32ビットCPUの時はInt32、64ビットCPUの時はInt64と同等。
Int8整数型。-128〜127
Int16整数型。-32,768〜32,767
Int32整数型。-2,147,483,648〜2,147,483,647
Int64整数型。-2の63乗〜2の63乗-1
Uint符号なし整数型。32ビットCPUの時はUInt32、64ビットCPUの時はUInt64と同等。
Uint8符号なし整数型。0〜255
Uint16符号なし整数型。0〜65,535
Uint32符号なし整数型。0〜4,294,967,295
Uint64符号なし整数型。0〜(2の63乗)×2
Float浮動小数点型。32ビット長。
Double浮動小数点型。64ビット長。
Booltrueまたはfalseの論理値

iPhoneアプリ開発のTips一覧はこちら

効率のいいiOSプログラミング習得法

独学でプログラミングをはじめてもう16年。
なかなか勉強が進まない人のために記事を書きました。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす