Swiftでのデバッグいろいろ

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Swiftで開発時にデバッグ用としてコンソールに出力する関数はprintln()、print()が使えます。違いはprintln()は出力後に改行されるが、print()は改行されないということ。

SPONSOR

var str = “AAA”
println(“間に変数\(str)を入れることができる”)
出力:間に変数AAAを入れることができる

次のキーワードを入れると、それぞれに応じた値を出力可能。

例)println(“ファイル \(__FUNCTION__)”)
出力:ファイル viewDidLoad()

__FILE__現在のファイル名
__LINE__現在の行数
__COLUMN__現在のカラム数
__FUNCTION__現在の関数名

アサーション assert()

assert()はある条件を満たしていなければそこで実行が止まり、コンソールにメッセージを表示します。

assert(条件,”出力する際のメッセージ”)

var num = 0
assert(num>0, “numが0ならメッセージを出す”)

ちょっとしたメモですが、数字の桁区切りで12300は見やすいように12_300などと記述可能です。

iPhoneアプリ開発のTips一覧はこちら

効率のいいiOSプログラミング習得法

独学でプログラミングをはじめてもう16年。
なかなか勉強が進まない人のために記事を書きました。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす