bootstrapでカレンダー機能をつけるならbootstrap-datepicker.js

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webシステムでの日付検索や入力はよくあることですが、カレンダーで選ばせるのが直感的で分かりやすいです。そんなカレンダー機能を実装できる「bootstrap-datepicker.js」が導入しやすく便利です。

SPONSOR

設置はとてもシンプル

テキストボックスをクリックすると、小さいカレンダーがでてきて、ポチッと選ぶだけ。
bootstrap-datepicker.js
ダウンロードすると、ファイルが沢山入っていますが、必要なのは「datepicker.css」と「bootstrap-datepicker.js」と「bootstrap-datepicker.ja.js」のみ。jQueryが使える状態で、この3つのファイルを読み込ませます。

bootstrap-datepicker.ja.jsは日本語化のために使います。

<script>
$(function(){
$('#colname').datepicker({language: 'ja'});
});
</script>

<input type="text" id="colname">

あとは、コードを書くだけ。これだけでシンプルに実装できます。

bootstrap-datepicker.js

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす