bootstrapでカレンダー機能をつけるならbootstrap-datepicker.js

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webシステムでの日付検索や入力はよくあることですが、カレンダーで選ばせるのが直感的で分かりやすいです。そんなカレンダー機能を実装できる「bootstrap-datepicker.js」が導入しやすく便利です。

SPONSOR

設置はとてもシンプル

テキストボックスをクリックすると、小さいカレンダーがでてきて、ポチッと選ぶだけ。
bootstrap-datepicker.js
ダウンロードすると、ファイルが沢山入っていますが、必要なのは「datepicker.css」と「bootstrap-datepicker.js」と「bootstrap-datepicker.ja.js」のみ。jQueryが使える状態で、この3つのファイルを読み込ませます。

bootstrap-datepicker.ja.jsは日本語化のために使います。

<script>
$(function(){
$('#colname').datepicker({language: 'ja'});
});
</script>

<input type="text" id="colname">

あとは、コードを書くだけ。これだけでシンプルに実装できます。

bootstrap-datepicker.js

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす