自社ホームページのアクセスを増やすにはどうしたらいい?

2018/03/23更新 カテゴリー:ビジネスハック,開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページを作った後に、もっとアクセスを増やしたい、問い合わせを増やしたい、そう考えるなら、ブログがおすすめです。しかし、ブログをはじめるだけでは意味がありません。「ブログは書いてるけど反響がない」方もたくさんいます。では、どんなブログが効果的なんでしょう。

SPONSOR

テーマに関連する記事が一番いい

究極のSEO(検索エンジン対策)とは「テーマに関連する質のいいコンテンツ」を増やすことです。小手先のSEOテクニックや怪しいスパム的なものは、一時的に上位表示されたとしても、検索エンジンは賢いのですぐに対策がとられますし、ブラックリスト入りです。そういう技術的なものは全く考慮しなくてもいいです。

とはいっても何から書けばいいのかわからない方はいつもお客様に話していることや考えていることを文章に書き出してみるといいかもしれません。自分にとっては当たり前でも、そのコンテンツは求められているものかも。とにかく出し惜しみなく、ドシドシ書いてみます。

記事が増え、コンテンツに厚みが出る頃にはもりもりアクセスが増えているはずです。やっぱり結局はコンテンツ勝負です。そのコンテンツを生み出すのは、自分自身。

日常のことでも大丈夫

他人の日記なんて誰が読みたいの?そう思われるでしょうが、日記ではなくあくまでも読んでいる人がいるということを頭に思いながら書くだけでも、記事の仕上がりは変わります。自分がどんな人間か知ってもらうように書きます。人となりが伝わるような自分流の書き方を工夫されてみるといいでしょう。読者が少しづつ増えているかもしれません。

SPONSOR

検索エンジンを抜きにして考える

本来、検索エンジンを意識せずに、その先にある訪問者にとって良いコンテンツなのかどうかを考えるのが一番です。そもそも検索エンジンも、調べている人にとって、もっとも役に立つであろうホームページを順番にだしたいと思っています。行き着く先は同じということですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす