composerを使ってPHPのライブラリをもっとかんたんに管理する

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

composerPHPのライブラリの依存関係を管理するツールです。はじめて使ったんですが、かんたんに使えて便利だったのでご紹介。composerを使って、ライブラリをインストールしたり管理できます。これで、自分で依存関係を調べて各地からライブラリを探して設定する手間がなくなります

SPONSOR

composerの使い方

mac/Linux環境で

curl -s https://getcomposer.org/installer | php

とすると、composer.pharがダウンロードされます。これがコマンドラインツールで、以降これを使ってライブラリのインストールを行います。

Macの場合ユーザーフォルダ直下にcomporser.jsonというファイルを作り

{
    "require": {
        "monolog/monolog": "1.2.*"
    }
}

などのように記述します。これは、monolog/monologパッケージの1.2ではじまるバージョンを必要とするという書き方です。

その後、

php composer.phar install

とすると自動的にcomporser.jsonにしたがってファイルをDLしてくれます。ここで、必要な依存関係を調べて自動的にいろいろ揃えてくれるのがcomposerの醍醐味のようです。

DLしたファイル群は、venderフォルダの中に収められていて、vendor/autoload.phpだけで必要なライブラリを読み込んでくれます。最初から最後まで使いやすいので、これからはどんどん使っていきたいと思います。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
15年続けた受託開発をやめ、自分が作ったサービスだけで生きていくことを決意。同じゴールを目指す仲間が集まる入江開発室を運営 / 師弟関係がつくれるサービス「MENTA」をつくりました。
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす