コンテンツへスキップ →

composerを使ってPHPのライブラリをもっとかんたんに管理する

composerPHPのライブラリの依存関係を管理するツールです。はじめて使ったんですが、かんたんに使えて便利だったのでご紹介。composerを使って、ライブラリをインストールしたり管理できます。これで、自分で依存関係を調べて各地からライブラリを探して設定する手間がなくなります

composerの使い方

mac/Linux環境で

curl -s https://getcomposer.org/installer | php

とすると、composer.pharがダウンロードされます。これがコマンドラインツールで、以降これを使ってライブラリのインストールを行います。

Macの場合ユーザーフォルダ直下にcomporser.jsonというファイルを作り

{
    "require": {
        "monolog/monolog": "1.2.*"
    }
}

などのように記述します。これは、monolog/monologパッケージの1.2ではじまるバージョンを必要とするという書き方です。

その後、

php composer.phar install

とすると自動的にcomporser.jsonにしたがってファイルをDLしてくれます。ここで、必要な依存関係を調べて自動的にいろいろ揃えてくれるのがcomposerの醍醐味のようです。

DLしたファイル群は、venderフォルダの中に収められていて、vendor/autoload.phpだけで必要なライブラリを読み込んでくれます。最初から最後まで使いやすいので、これからはどんどん使っていきたいと思います。

[sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: 開発奮闘記