Skip to content →

MySQLによるオンラインバックアップで注意すること

MySQLによるオンラインバックアップについて。バックアップにはmysqldumpコマンドを使いますが、単純にバックアップといえども、リストア(復元)する時のことも考えてないといけません。

バイナリログがどこまでかかれているか

バックアップをとったとしても、実際にリストアする際には、時間差があります。例えば今日の朝バックアップをとったとして、夜にデータが壊れてリストアする場合、朝から夜までに保存されたデータは復旧できません。そこで、バイナリログが重要になります。バイナリログには実行されたSQL文が記録されていますので、バックアップデータ+このバイナリログで補填できます。

ですので、バックアップをとる際に、その時点でバイナリログがどこまでかかれているか記録しておきます。これは–mastar-data=2オプションをつけます。

共有ロックをかける

バックアップとっている際中に更新が行われないようロックをかけます。共有ロックは参照は許可しますが、更新は行われません。ただバックアップにすごく時間がかかるデータ量だとちょっと現実的ではないかもしれません。これは–lock-all-tablesというオプションをつけます。

ということで、最終的には以下のコマンド。

mysqldump -uroot --lock-all-tables --master-data=2 > dump.sql

備えあれば憂いなし。ですね。

[sc name=”engeneer”]

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
Webサービスを作るのが大好きです。制作会社10年→フリーランス→受託をやめサービス開発に専念。プログラミングのメンターサービスMENTAは月間流通額約1,300万を突破🚀 YouTubeでは個人開発について語ってます / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

Published in 開発奮闘記