MySQLのmy.cnf設定最適化メモ

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webエンジニアのためのデータベース技術[実践]入門であらためてデータベースを学びなおしているところです。負荷が少ないサービスだと、そのままの設定でも動きますが、利用者が膨大に増えた場合はそうもいっていられません。今回はその中のMySQL設定ファイルmy.cnfについて。

SPONSOR

my.cnfの設定

log-binバイナリログを有効にするためのパラメータ。バイナリログには実行されたSQL文が記録されている。データが壊れた場合、バックアップした時間からしか復旧できないが、バイナリログがあればその間も補填できる。
slow-query-log実行に時間がかかったSQL文を記録。改善に役立つ。デフォルトは10秒。
max_connections同時接続最大人数。デフォルトは100。
innodb_buffer_pool_sizeメモリ上で管理するためのバッファサイズ。物理メモリの60%〜80%が望ましい。
innodb_flush_methodInnoDBデータファイル、InooDBログファイルの読み書き方式。O_DIRECTだとダイレクトなのでオーバーヘッドを減らせる。

このあたりがパフォーマンスに直結する重要設定。log-binやslow-queryはデフォルトではOFFになっています。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす