MySQLのmy.cnf設定最適化メモ

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webエンジニアのためのデータベース技術[実践]入門であらためてデータベースを学びなおしているところです。負荷が少ないサービスだと、そのままの設定でも動きますが、利用者が膨大に増えた場合はそうもいっていられません。今回はその中のMySQL設定ファイルmy.cnfについて。

SPONSOR

my.cnfの設定

log-binバイナリログを有効にするためのパラメータ。バイナリログには実行されたSQL文が記録されている。データが壊れた場合、バックアップした時間からしか復旧できないが、バイナリログがあればその間も補填できる。
slow-query-log実行に時間がかかったSQL文を記録。改善に役立つ。デフォルトは10秒。
max_connections同時接続最大人数。デフォルトは100。
innodb_buffer_pool_sizeメモリ上で管理するためのバッファサイズ。物理メモリの60%〜80%が望ましい。
innodb_flush_methodInnoDBデータファイル、InooDBログファイルの読み書き方式。O_DIRECTだとダイレクトなのでオーバーヘッドを減らせる。

このあたりがパフォーマンスに直結する重要設定。log-binやslow-queryはデフォルトではOFFになっています。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は約1ヶ月で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす