HOME > 開発メモ > NSMutableArrayをNSUserDefaultsで保存する
2011/08/11 (2016/09/14更新) タグ: , ,

NSMutableArrayをNSUserDefaultsで保存する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通常、NSUserDefaultsで保存できるのはNSDictionary, NSArray, NSString, NSDate, NSData, NSNumberだけのようです。そのままNSMutableArrayを保存しようとしても、エラーが出てしまいます。

SPONSOR

NSMutableArrayを保存したい時は、一度NSDataに変換して保存します。

保存

NSUserDefaults *defaults = [NSUserDefaults standardUserDefaults];
NSMutableArray *arr = ... ; // set value
NSData *data = [NSKeyedArchiver archivedDataWithRootObject:arr];
[defaults setObject:data forKey:@"theKey"];

読み込み

NSUserDefaults *defaults = [NSUserDefaults standardUserDefaults];
NSData *data = [defaults objectForKey:@"theKey"];
NSArray *arr = [NSKeyedUnarchiver unarchiveObjectWithData:data];

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSER

こちらの記事もおすすめです

お役にたちましたら、メール購読もどうぞ!

 

イリテクの最新記事をお届けします

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクのプロフィール
入江 慎吾
System & Design Developer。イリテク株式会社 代表取締役。自社企画でクラウド見積請求書作成サービス「CLOUD PAPER」を開発・運営。仕様を決めずに少ない予算でも開発をスタートできる「開発までできるシステム顧問サービス」を実施中。(もっと詳しく
開発したWebサービス
開発したアプリ
新着記事
カテゴリ/タグ
SPONSER