NSMutableArrayをNSUserDefaultsで保存する

2018/04/20更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通常、NSUserDefaultsで保存できるのはNSDictionary, NSArray, NSString, NSDate, NSData, NSNumberだけのようです。そのままNSMutableArrayを保存しようとしても、エラーが出てしまいます。

SPONSOR

NSMutableArrayを保存したい時は、一度NSDataに変換して保存します。

保存

NSUserDefaults *defaults = [NSUserDefaults standardUserDefaults];
NSMutableArray *arr = ... ; // set value
NSData *data = [NSKeyedArchiver archivedDataWithRootObject:arr];
[defaults setObject:data forKey:@"theKey"];

読み込み

NSUserDefaults *defaults = [NSUserDefaults standardUserDefaults];
NSData *data = [defaults objectForKey:@"theKey"];
NSArray *arr = [NSKeyedUnarchiver unarchiveObjectWithData:data];

iPhoneアプリ開発のTips一覧はこちら

効率のいいiOSプログラミング習得法

独学でプログラミングをはじめてもう16年。
なかなか勉強が進まない人のために記事を書きました。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす