Skip to content →

iOSシミュレータにテキストをペーストする方法

アプリを開発中、テストでいろんな文字列をコピーして、シミュレータ上にペーストしたいことが多々あります。例えば、Safariでスマホサイトの確認をするときのURLを打ち込む時も、手打ちだと面倒です。

そんな時、普通にMac上でコピーしたものを貼り付けようとしても、貼り付けできないことがあります。どうやって貼り付けるのか…実はこんな仕組みでした。

2回ペーストする!!

1.コピーした後に、シミュレータ上でCmd+Vでペースト
2.長押しでメニューをだしてペースト
これでペーストすることができます。

手順をさらっと紹介

まず、テキストをコピーします。
copy
Cmd+Vでペースト。
past
長押しでメニューをだす。
past2
ペーストするとでました!
past3

小さなことですが、知らないとちょっと不便なTipsでした。

[sc name=”ios”][sc name=”engeneer”]

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
教える、学べるオンラインメンターサービスMENTAの代表 / 2-30個のサービスをつくり、M&Aで億単位の売却 / 受託開発20年→受託をやめサービス開発に専念→個人開発でつくったMENTAがヒット→ランサーズグループにジョイン / YouTubeで「サービスづくりで生きていく」配信中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SUBSCRIBE

メールマガジンに登録いただけると、ブログの新着記事をお知らせいたします。(励みにもなります!)また、YouTubeチャンネルでも個人開発・サービスについての情報を発信中です。

SPONSOR

Published in HACK 開発奮闘記