さくらレンタルサーバーのバージョンアップで500 Internal Server Errorが出た場合の対策

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , ,
SPONSOR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クライアントからエラーが出てる!との報告を受け、サイトを開くと「500 Internal Server Error」が…。いやな汗が出てくる瞬間ですね。今回は確認したところ、さくらレンタルサーバーのメンテナンスでサーバー移動やソフトのバージョンアップが行われたようでした。さくらに確認すると、やはりバージョンアップでの不具合だと思われるとのこと。

SPONSOR

php.cgiを上書きする

いきなり結果ですが、php.cgiを上書きすることで解決しました。まず、コンパネに入ってあらかじめPHPとMySQLのバージョンを確認しておきます。
バージョン
そしてまず/usr/local/php/5.2.17(バージョン)/binの中のphp-cgiをサイトのホームディレクトリにコピーします。次に、php.cgiとしてリネームし、パーミッションを705にすればOKです。

注意点としてはFTPソフトではなく、SSHで接続してコピーしないと動かない可能性があります。こちらの方が確実です。

こういったメンテナンスによるトラブルはレンタルサーバーにはつきものですが、もうちょっと事前に分かってれば早かったんだけどなぁ…。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/イリテク代表
「死ぬ気でやれよ、死なないから」をモットーに体当たりでWEBサービスをつくってます🔥 収入もないのに受託開発をやめて好きなサービスだけをつくることに決めました。資金がつきるか、ヒットするのが先か...見守ってください。 (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす