ブラウザでPDFを開く時の指定パラメータまとめ (サンプル付き)

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFはブラウザと相性がいいので、よく使います。ワードやエクセルで作った書類なんかはPDFにして公開するパターンが多いです。最近、そんなPDFの隠された機能を知りました。いや、隠されてなかったんですけど。

それは、ブラウザで開く際にズーム100%で表示させたり、ページを指定して開かせることができるということ。なんというか、これまでは調べる前から、それはできないんじゃないだろうか…なんて思ってました。

SPONSOR

パラメータの指定方法

PDFにはあらかじめ、Open Parametersというものが準備されています。このパラメータの渡し方は、URLの後ろに#をつけてデータを渡すだけです。Google Chromeについては独自のビューワーを使っているため、このパラメータは効かないようです。

いろんなパラメータがありますが、使えそうなものを抜粋します。

ズーム(zoom=n)

50%にしたい場合はzoom=50
サンプル

ページを指定(page=n)

2ページ目を表示させたい場合はpage=2
サンプル

表示範囲を指定(view=Fit or FitH or FitV)

Fit ページ全体が収まるようにpdfを開く
FitH ページの横幅が収まるように開く
FitV ページの縦の長さが収まるように開く
この設定はIE以外のブラウザでは動作があやしいです。

ページの横幅が収まるようにした場合
サンプル

スクロールバーを表示させるかどうか(scrollbar=1|0)

スクロールバーを表示させる
サンプル

ツールバーを表示させるかどうか(toolbar=1|0)

ツールバーを表示させる
サンプル

ステータスバーを表示させるかどうか(statusbar=1|0)

ステータスバーを表示させる
サンプル

ちなみにこれらのパラメータは複数指定できます。
#zoom=50&page=2
だとズーム50%で2ページ目を開きます。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす