HTML5のaudioタグで、任意のタイミングで効果音を出す方法

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML5で使えるaudioタグが便利で使いやすい。なにはともあれ、まずは音を準備。ちなみに音ファイルはmp3でもwavでも何でもいい。

SPONSOR

audioタグのかんたんな使い方

まずは任意の場所にaudioタグを書く。そして音ファイルのパスを指定。

<audio id="CSound" preload="auto">
<source src="./se.mp3" type="audio/mp3">
<p>音声を再生するには、audioタグをサポートしたブラウザが必要です。</p>
</audio>

あとは、任意のタイミングで下記スクリプトを実行。

document.getElementById("CSound").play();

これだけで実装可能。

audioタグの中には、タグがサポートされていない環境で表示させるメッセージを記述することができる。

オプション

src属性 音ファイルのパス
preload属性 音ファイルをあらかじめ読み込んでから再生するかなど
autoplay属性 自動再生
loop属性 ループ再生
controls属性 プレイヤを表示するかどうか

(参考)
HTML5タグリファレンス
絶対に覚えておきたいHTML5の『audio要素』超基本を知る!!

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は約1ヶ月で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす