HTML5のaudioタグで、任意のタイミングで効果音を出す方法

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML5で使えるaudioタグが便利で使いやすい。なにはともあれ、まずは音を準備。ちなみに音ファイルはmp3でもwavでも何でもいい。

SPONSOR

audioタグのかんたんな使い方

まずは任意の場所にaudioタグを書く。そして音ファイルのパスを指定。

<audio id="CSound" preload="auto">
<source src="./se.mp3" type="audio/mp3">
<p>音声を再生するには、audioタグをサポートしたブラウザが必要です。</p>
</audio>

あとは、任意のタイミングで下記スクリプトを実行。

document.getElementById("CSound").play();

これだけで実装可能。

audioタグの中には、タグがサポートされていない環境で表示させるメッセージを記述することができる。

オプション

src属性 音ファイルのパス
preload属性 音ファイルをあらかじめ読み込んでから再生するかなど
autoplay属性 自動再生
loop属性 ループ再生
controls属性 プレイヤを表示するかどうか

(参考)
HTML5タグリファレンス
絶対に覚えておきたいHTML5の『audio要素』超基本を知る!!

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす