コンテンツへスキップ →

ソフトを入れなくてもできるIEのクロスブラウザチェック

IEといえば開発者泣かせのブラウザだ。バージョンによって、CSSの解釈の違いで表示に違いがでたりすることがあり、各バージョンのブラウザで視認してチェックする必要がある。

最新は10だが、全ての利用者が新しいバージョンを使っているわけではない。やっかいなのは、各バージョンで利用者が多いことだ。さすがにIE6まで対応するサイトは減ったが、企業サイトとしては最低でも7からは対応しておきたい。

IEのクロスブラウザチェック

これまで私の中では、IE TesterやWebサービスで各バージョンをいっせいにチェックするのが当たり前だった。しかし、IE Testerも完璧ではなく、JavaScriptエラーが出たり不安定。ブラウザで確認するのもの有料だったり、マウスアクションが試せないといった問題があった。

しかし、灯台下ぐらし。実はIEには「開発者ツール」というモードが標準で搭載されていた。この開発者ツールを使えば、IE7以降のバージョンでかんたんに確認することができる。
ie
設定メニューから開発者ツールを選択。
ie2
IEのバージョンをかんたんに切り替えて、チェックが可能。
alt
altタグが入っている確認が入っていたり、Cookie情報を表示したり、ユーザーエージェントを変更したり、まさに開発者にとって助かるツールが満載。これは早く知っておきたかった…。

[sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: 開発奮闘記