SEOを考慮したWebサイトの引っ越し・移転の手順

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社名が変わったりなどなど、ドメインが変わることで、サイトを移転しなければならないケースがあります。そんな時、どんな手順で引越しすれば、検索エンジンに影響が少ないのかまとめてみました。

SPONSOR

301リダイレクトを使う

ドメインの転送にはYahooGoogleも301リダイレクトをすすめています。

301リダイレクトを行う方法

.htaccessを使って301リダイレクトの設定を行うことができます。

www.yama.com → www.umi.com に移転する場合

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^www.yama.com
RewriteRule ^(.*) http://www.umi.com/$1 [R=301,L]

ちなみに、.htaccessが使えないサーバーの場合は、あまり推奨されていないようですが、metaタグのリフレッシュを使うほかありません。

<meta http-equiv="refresh" content="0; URL=http://www.umi.com/">

metaタグでリダイレクトする場合は、時間を0秒にしないと301リダイレクトにならない点に注意です。

参考記事など

サイトリニューアル時の301リダイレクト、.htaccess記述方法いろいろ
Search Engine Friendly Redirect Checker
301リダイレクトが正常に機能しているかチェックするツールです。

Googleにはウェブマスターツールで申請可能

Googleが用意しているウェブマスターツールにて、旧サイトと新サイトの所有権を確認し、移転したことを申請できる機能があります。
url

SPONSOR

サイト移転にあたって注意すること

単一のリダイレクトを避ける

Googleによれば

単一のリダイレクトで、すべてのトラフィックを以前のサイトから新しいホームページに送らないようにしてください。これを行うと404エラーは回避できますが、ユーザーの利便性は良くありません。

とのことです。単純に全部、新サイトのトップページにリンクするのではなく、旧サイトの商品一覧ページにきたのならば、新サイトの商品一覧に転送するのがいいということです。これは、手間はかかりますが、見る方にとってやさしい転送です。

以前のサイトも半年は残しておく

混乱を防ぐため、少なくとも 180 日間は以前のサイト ドメインの管理権を保つのが最善です。

半年くらいは、以前のサイトにアクセスしても大丈夫な状態にしてあげます。お気に入りに入れられていて、久しぶりに開いたら見れなくなっていた。というような事態を避けられます。

リンクされている箇所を変更する

旧サイトにリンクしているサイトがあれば、新サイトのURLに変更します。

旧ドメイン名をrobots.txtでブロックしない

検索エンジンに、旧サイトが出てくるからといって、クロールを拒否してしまうと、301HTTPステータスコードも返らないため、移転していることが検索エンジンに伝わりません。

現実の引越しも大変ですが、サイトの引越しも大変ですね。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は約1ヶ月で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす