コンテンツへスキップ →

Bootstrap Typeaheadの日本語入力対応

Bootstrapに入っているTypeheadは、フォームに入力している途中で、候補文字が出てきて補完してくれる便利な機能です。こんな機能をかんたんに導入することができて、最高なんですが、日本語入力に対応していないという致命的欠点があります。

Typeaheadが日本で使えない

まずはじめに、英語だと文字の変換なんてありませんから、英単語を入力している途中で候補が出てきて、矢印キーで選択してエンターというのが想定しているBootstrapが想定している流れです。

しかし、日本語は変換してエンターという操作があります。このせいで、変換候補を選んでエンターを押した時点でTypeaheadも選択されたことになってしまうのです。

ちなみにオンライン見積書・請求書発行ツール「CLPRO」でも、項目入力時に使っていますので、日本語対応の修正を行いました。
clpro

Typeaheadを修正

bootstrap.jsを少し変更するだけで、対応出来ました。ちょうど1969行目あたり。

  , render: function (items) {
      var that = this

      items = $(items).map(function (i, item) {
        i = $(that.options.item).attr('data-value', item)
        i.find('a').html(that.highlighter(item))
        return i[0]
      })

      //items.first().addClass('active')
      this.$menu.html(items)
      return this
    }

items.first().addClass(‘active’)をコメントアウトすれば、変換した後のエンターは無効になります。

[sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: 開発奮闘記