Bootstrap Typeaheadの日本語入力対応

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bootstrapに入っているTypeheadは、フォームに入力している途中で、候補文字が出てきて補完してくれる便利な機能です。こんな機能をかんたんに導入することができて、最高なんですが、日本語入力に対応していないという致命的欠点があります。

SPONSOR

Typeaheadが日本で使えない

まずはじめに、英語だと文字の変換なんてありませんから、英単語を入力している途中で候補が出てきて、矢印キーで選択してエンターというのが想定しているBootstrapが想定している流れです。

しかし、日本語は変換してエンターという操作があります。このせいで、変換候補を選んでエンターを押した時点でTypeaheadも選択されたことになってしまうのです。

ちなみにオンライン見積書・請求書発行ツール「CLPRO」でも、項目入力時に使っていますので、日本語対応の修正を行いました。
clpro

Typeaheadを修正

bootstrap.jsを少し変更するだけで、対応出来ました。ちょうど1969行目あたり。

  , render: function (items) {
      var that = this

      items = $(items).map(function (i, item) {
        i = $(that.options.item).attr('data-value', item)
        i.find('a').html(that.highlighter(item))
        return i[0]
      })

      //items.first().addClass('active')
      this.$menu.html(items)
      return this
    }

items.first().addClass(‘active’)をコメントアウトすれば、変換した後のエンターは無効になります。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす