コンテンツへスキップ →

iPhoneサイトのスクリーンキャプチャをかんたんにとれるアプリ「WebCollector」

スマホサイトの制作時に、スマホを持っていないお客さんにも画面のイメージを見せたいとき、スクリーンキャプチャを撮って送ることがあります。しかし、ページが多かったり、長いページだとスクロールしてキャプチャをつなぎあわせて…という面倒な作業が発生します。そんな時に便利なのが「WebCollector」です。

webcollector
使い方はかんたんで、キャプチャを撮りたいページを開き、カメラボタンを押すだけ。これだけで縦に長いページも一発でキャプチャを撮ることができます。あとはカメラロールに保存するかメールするかなど、選んでエクスポートするだけ。

ほかにもいろんな機能があります。
・QRコードからのウェブアクセス
・Safariのアドレス欄の先頭に「wc:」を付けるとWebCollectorに遷移
・履歴からのアクセス機能
・ブックマーク機能
・ソース閲覧機能
・リンクの有効チェック機能
・フィーチャーフォン向けのサイトキャプチャ機能
・手書きツール(アプリ内課金)

WebCollectorは無料アプリなので、ぜひ試してみてください。

[sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK デザイン 開発奮闘記