iPhoneサイトのスクリーンキャプチャをかんたんにとれるアプリ「WebCollector」

2018/03/23更新 カテゴリー:デザイン,ビジネスハック,開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホサイトの制作時に、スマホを持っていないお客さんにも画面のイメージを見せたいとき、スクリーンキャプチャを撮って送ることがあります。しかし、ページが多かったり、長いページだとスクロールしてキャプチャをつなぎあわせて…という面倒な作業が発生します。そんな時に便利なのが「WebCollector」です。

SPONSOR

webcollector
使い方はかんたんで、キャプチャを撮りたいページを開き、カメラボタンを押すだけ。これだけで縦に長いページも一発でキャプチャを撮ることができます。あとはカメラロールに保存するかメールするかなど、選んでエクスポートするだけ。

ほかにもいろんな機能があります。
・QRコードからのウェブアクセス
・Safariのアドレス欄の先頭に「wc:」を付けるとWebCollectorに遷移
・履歴からのアクセス機能
・ブックマーク機能
・ソース閲覧機能
・リンクの有効チェック機能
・フィーチャーフォン向けのサイトキャプチャ機能
・手書きツール(アプリ内課金)

WebCollectorは無料アプリなので、ぜひ試してみてください。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は約1ヶ月で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす