コンテンツへスキップ →

Google Web Fontsの使い方

Google Web Fontsの導入が超絶かんたんだったので、導入までの流れをご紹介します。

WebFontとは

通常は見ている人のパソコンに入っているフォントしか使うことはできません。しかし、WebFontを使えば、見ている人のパソコンの中にフォントが入っていなくても、好きなフォントを使うことができます。これはフォント自体をサーバー上に置いておくことで、これを実現しています。

Google Web Fontsでは無料で使える英語フォントが700件近く登録されています。ここで好きなフォントを探して、Webサイトで使うことができます。ちなみに、英語に比べて日本語は漢字やカタカナなど、データ量が圧倒的に多いため、まだ実用的ではありません。

これから、Retinaディスプレイなど、スマートフォンにかぎらず高精細なディスプレイが増えていけば、今までの画像テキストはぼやけてしまうほか、複数の解像度の画像を準備する手間が増えます。そんなこともあって、こういったWebフォントを活用する場面が増えていくと思います。テキストならいくら拡大しても綺麗なままですので、使い勝手もいいですよね。

Google Web Fontsの使い方

Google Web Fontsを開きます

google
好きなフォントがあれば、Quick-useボタンを押してみてください。

タグをコピー

google2
表示されているCSS読み込みのタグをコピーして、使いたいページで読み込ませます。あとは好きな場所でfont-familyでフォントを指定すれば使えます。
google3
変更もしやすいですし、おすすめです。

Google Web Fonts

[sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: 開発奮闘記