呼ぶタイミングも大事なNavigationBarの表示・非表示切り替え

2018/03/23更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NavigationControllerを基本としたアプリの場合でも、HOME画面ではNavigationBarを表示させたくない時があります。今回はそんな時の設定について。

SPONSOR

まずはじめに、NavigationBarの表示は

[self.navigationController setNavigationBarHidden:NO animated:NO];

と書くだけでOKです。

逆に非表示にする時には

[self.navigationController setNavigationBarHidden:YES animated:NO];

となります。animatedをYESにすれば、その通りアニメーションが入ります。

HOME画面

- (void)viewDidLoad
{
    [self.navigationController setNavigationBarHidden:YES animated:NO]; // ナビゲーションバー非表示
}

viewが読み込まれたタイミングで一度だけ非表示の指示をだします。

HOME以降の画面

-(void)viewWillAppear:(BOOL)animated{
    [self.navigationController setNavigationBarHidden:NO animated:YES]; // ナビゲーションバー表示
}

-(void)viewWillDisappear:(BOOL)animated{
    [self.navigationController setNavigationBarHidden:YES animated:YES]; // ナビゲーションバー非表示
}

viewWillAppearは画面を開くたび、そしてViewが表示される前に呼ばれます。ここで、ナビゲーションバーを表示するように指示します。そして、viewWillDisappearは画面を離れる前に呼ばれますので、ここで再びNavigationBarを非表示にしておきます。

HOME画面だけで非表示の指示を出すと、子画面から戻ってくるときにNavigationBar部分に黒い隙間が見えてしまいますので、子画面で処理を入れているのがポイントです。

iPhoneアプリ開発のTips一覧はこちら

効率のいいiOSプログラミング習得法

独学でプログラミングをはじめてもう16年。
なかなか勉強が進まない人のために記事を書きました。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は約1ヶ月で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす