コンテンツへスキップ →

アプリの雰囲気がグッと高まる!TabBarの背景や、アイコンを好きなようにカスタム!

今回はアプリではよく使うTabBarのカスタマイズ方法についてです。iOS5よりappearanceが使えるようになり、カスタマイズが容易になりました。アプリ毎に設定すると、より雰囲気が伝わるでしょう。

具体的にはTabbarの背景画像を設定したり、アイコンを設定していきます。そうすると、こんな感じに独自の設定を反映することができます。

1. 背景画像・アイコン画像を準備する

タブバー背景画像のサイズは、320×49(Retina 640×98)pxで作ります。

アイコンは30×30(Retina 60×60)pxの正方形の中に入るようにして、書き出します。ボタンを選択・非選択している時の2バージョン作ります。

ボタンが選択されているときの背景画像を作ります。この背景画像サイズはタブの数によって変わります。(320/タブの数)×49pxで作ってください。今回はタブが4つなので、160×49pxで作っています。

2. appearanceで背景画像を設定

AppDelegate.mファイルを開き、didFinishLaunchingWithOptionsの中に設定を記述します。

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions
{
    //タブバー設定
    UIImage *image2 = [UIImage imageNamed:@"タブ背景画像.png"];
    UIImage *image3= [UIImage imageNamed:@"ボタン選択時の背景画像.png"];
    [[UITabBar appearance] setBackgroundImage:image2];
    [[UITabBar appearance] setSelectionIndicatorImage:image3];

    return YES;
}

3. ボタン選択・非選択時のアイコン設定

最初に開くビュー等の、viewDidLoadに設定を記述します。

UIImage *selectedImage = [UIImage imageNamed:@"選択時のアイコン画像.png"];
UIImage *unselectedImage = [UIImage imageNamed:@"非選択時のアイコン画像.png"];

//タブバー情報を取得
UITabBar *tabBar = self.tabBarController.tabBar;
UITabBarItem *item1 = [tabBar.items objectAtIndex:0]; //1番左のタブが0、順に増やして下さい

//タブバー選択・非選択時の画像を設定
[item1 setFinishedSelectedImage:selectedImage withFinishedUnselectedImage:unselectedImage];

//タブバーの文字色を設定(選択前)
[item1 setTitleTextAttributes:[NSDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys:[UIColor colorWithRed:0.31 green:0.25 blue:0.17 alpha:1.0], UITextAttributeTextColor,nil] forState:UIControlStateNormal];

//タブバーの文字色を設定(選択中)
[item1 setTitleTextAttributes:[NSDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys:[UIColor whiteColor], UITextAttributeTextColor,nil] forState:UIControlStateSelected];

タブの数だけ設定しておいてください。

ということで、最終的にこのようにカスタマイズできました。

↓ ↓ ↓

[sc name=”ios”][sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: 開発奮闘記