WordPressで特定のページをカスタマイズする

2018/03/23更新 カテゴリー:ビジネスハック,開発奮闘記 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressの特定のページだけ、情報を入れたいという場合の方法について。先日、お問い合わせフォームのページの下あたりに、フォームが動かない時にもメールを送れるように、メールアドレスを記載しました。

ただ今回、メールアドレスはスパムロボットに取得されないよう、JavaScriptを使った方法を採用しています。そうすると投稿画面ではJavaScriptを記述しても動作しないため、直接ページを表示するloop-page.phpを変更しなければなりませんでした。

SPONSOR

ページIDを調べる

まず、お問い合わせのページにだけ記述したいので、条件判別をするためにページIDを調べておきます。これは管理画面でページの編集画面を開くと、URLでIDが分かります。

post=のうしろの3387がページIDだと分かります。

loop-page.phpを編集

ページを表示するプログラムであるloop-page.phpを編集します。このファイルはwp-content/themes/テンプレートフォルダの中に入っています。後は、以下のコードを入れるだけでOKです。

<?php
if(is_page('3387')){
?>
ここに表示したい内容を入れます。
<?
}
?>

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす