スパムロボット対策をして、安全にWebサイトにメールアドレスを記載する

2018/03/23更新 カテゴリー:ビジネスハック,開発奮闘記 タグ: , , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに、ここ数日間当ブログのメールフォームが上手く動作しておりませんでした。この間に、フォームから送ったにも関わらず、連絡ができなかった皆様、大変お手数をおかけしますが、再度ご連絡くださいm(__)m。

今回の事態で、フォームだけに頼るのではなく、フォームが上手く動作しなかった場合に備えて、メールアドレスも記載しておく必要があると思いました。

しかし、そのままメールアドレスを直打ちで入れておくと、スパムロボットにアドレスを取得され、迷惑メールが大量に届いてしまいます。今回は、この迷惑メールを防ぐ方法についてのご紹介です。

SPONSOR

メールアドレスを直に載せる方法以外だと、画像にする、@を[at]に置き換える等の方法がありますが、メールを送る立場からすると、メールアドレスを再度入力して送る必要があるため、手間をかけてしまいます。しかしこれをメールを送る方には何の負担も必要とせずに、メールアドレスのリンクを載せる方法があります。

メールアドレスを暗号化+JavaScriptを使う

メールアドレスそのものを暗号化して、Javascriptで元のメールアドレスに変換して表示します。これだと、ソースを見てもメールアドレスは分かりません。

ページが表示されるタイミングでJavascriptで暗号化を復元するため、アドレスを不正に取得される危険性が限りなく低くなります。

Email Riddlerというツールを使えば、簡単にソースコードができあがります。

こんな感じでメールアドレスを入れて「Encrypt Email」を押すだけで、コードが生成されます。あとは出来上がったコードを貼りつけるだけでOKです。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす