Macで使うFTPソフトに「FileZilla」を選ぶ3つの理由

2018/03/23更新 カテゴリー:ビジネスハック,開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが使っているFTPソフトは何ですか?私は、仕事でWebサイト・システム制作をするため、FTPはほぼ毎日使います。Windowsを使ってた頃は、FFFTPNextFTPを使っていましたが、今はMacがメインマシンです。

MacでいろいろなFTPソフトを試した中で、今もずっと使っているのは「FileZilla」です。今回はFileZillaのいいところを3つご紹介します。

SPONSOR

1. 高速転送

複数の通信を行い、大量のファイルを高速にアップ&ダウンロードできる機能がついています。大量にファイルをアップできるので絶対ほしい機能です。

何をアップしたのか、そして失敗したのかも履歴で確認できるため、もしアップロードに失敗していても、失敗していたものだけを再アップロードするのもかんたんです。

光回線だと本当にアップ&ダウンロードが早すぎて驚きますよ。ファイルをアップしようとすると、キューに登録され、順に処理が進みます。

フォルダ階層の異なるファイルを指定して次々とキューに追加し、あとでまとめてキューを処理するなんてこともできます。例えば、サイトのOPEN時間が決まっていて、さまざまなフォルダの中のファイルをアップしていく場合、事前にキューで追加しておけるので、本番アップ時に焦らずに作業を進めることができます。

2. フォルダ同期

ローカルとWebサーバー内のフォルダ・ファイル構成が左右に並びます。例えば、ローカルでフォルダを開くと、Webサーバー側でも自動的にフォルダを開いてくれます。これで、アップするフォルダを間違える危険性も少なくなります。

赤丸のところをクリックすると、フォルダを同期するかどうか決めることができます。

SPONSOR

3. ファイル編集時の自動確認付アップロード

例えば、別々のフォルダの中のファイルを編集した時に、再度サーバーにアップをするとします。通常では、フォルダを開いてファイルをアップしますが、編集が終わった時点で「アップしますか?」と聞いてくれて、OKを押すとアップロードしてくれます。フォルダを開く手間が省けるというわけです。

FileZillaは動作も安定していてとても軽く、信頼できるソフトです。しかもこれが無料で使えるのは嬉しいですね。

FileZilla

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす