Skip to content →

グーグルブックスは無料で本が読めるが…読みにくすぎる!

Googleブックスとは

Googleが提供している世界中の書籍が探せるデータベースです。出版社または著者の許可をとって、ひたすらGoogleが書籍をスキャンしているようです。なお、著作権が切れたものについては、全文閲覧・ダウンロードが可能とのこと。

Googleブックスではたくさんの本が検索できますが、はっきりいって読みづらいです。後述しますが、たくさんの本を読みたいならamazonの読み放題サービスを使ったほうがいいです。

Googleブックスでキーワード検索すると…

試しに「iPhone」で調べてみましょう。

本や雑誌が約19,900件も出てきました!


クリックすると、中身が出てきます。アマゾンの中身プレビューどころじゃなくて、半分以上だったり数百ページ読めるものが大半なのですが、こんなに公開して大丈夫なんでしょうか?

ただし、読みづらい…

まず、スマホでは読みづらすぎる。アプリもないし。iPhoneで見ようとするとこのような感じなのですが、使いづらいのは伝わるでしょうか。
グーグルブックスで探した本をダウンロードして読めばいいんじゃないかと考えたあなた、そうです、それは可能です。(Googleブックスをダウンロードする方法

ただ、見ての通り、面倒くさすぎます。いちいち、こんなのやってられない。

本、コミック、雑誌が読み放題のamazon kindle unlimitedを使おう


グーグルブックスで本を読むのは疲労感半端ないです。

それだったら、amazonの読み放題サービスを使ったほうが百倍いい。

  • たくさんのビジネス本やコミック、雑誌が読める
  • 専用アプリが充実、スマホでも読める

kindle端末で読んでます。いつでもどこでも、思う存分本が読めるのは最高です。

これだけ便利で月額980円、本1冊分くらいなのです。使わない手はありません。

しかも、Kindle Unlimitedは30日無料で使えます。試してみてはいかがでしょうか?

Kindle Unlimited

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

SPONSER

Published in HACK 生産をあげるITツールの紹介 開発奮闘記