Skip to content →

スクロールするだけでコンテンツを読み込むプラグイン「jQuery.autopager」

よく見かけるページングの処理で、下の方にスクロールすると自動的に次ページを読み込ませる処理をかんたんに実現してくれるjQuery.autopagerが便利でした。jQueryプラグインです。


導入がかんたんで分かりやすく、オプションも必要最低限のものがバッチリ揃っています。例えば、スクロールで下部までいったら自動的に次コンテンツを表示させるか、それともボタンをクリックして読み込むか、読み込み後にコールバックで関数を読み込ませるか、などなど。

jQuery.autopagerの導入方法

まず、jQuery本体とダウンロードしたjQuery.autopagerを読み込んでおきます。
そして、スクロールで自動表示させるなら下記だけでOK。

<script type="text/javascript">
    $(function() {
        $.autopager();
    });
  </script>

  <div class="content">
    <p>1ページ目のコンテンツ<br>Contents of page 1</p>
  </div>
  <a href="/jquery/autopager/demo?page=2" rel="next">次のページ / Next</a>

これだけで次々と読み込んでくれます。引数のpageは自動的にプラグイン側で操作して増やしてくれます。

jQuery.autopager

[sc name=”engeneer”]

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

Published in 開発奮闘記