コンテンツへスキップ →

WordPressの管理画面にオリジナルメニューを作る方法

ワードプレスの管理画面内に、自分用のオリジナルメニューを追加する方法の説明です。例えば、管理画面から別のURLにリンクしたいとか、独自の処理を行いたい時に利用すると便利になります。

メニュー追加用のファイルを作成

まずwp-content/pluginsの中に、適当な名前でフォルダを作り、phpファイルを2つアップします。

menu.php

<?php
/*
Plugin Name: プラグイン名
Plugin URI: http://plus.vc
Description: プラグインの説明
Version: 1.0.0
Author: PLUS
Author URI: http://plus.vc
*/
add_action('admin_menu', 'clear_menu');

function clear_menu() {
  add_submenu_page('post-new.php', 'ページタイトル', 'メニュータイトル',8, __FILE__, 'menu_function');
}

function menu_function() {
  echo '<div class="wrap">';
  echo '<p><a href="リンク先" target="_blank">メニューに表示される名前</p>';
  echo '</div>';
}
?>

add_submenu_page(”parent”, ”page_title”, ”menu_title”, ”access_level/capability”, ”file”, ”[function]”);

parent…どこにメニューを表示させるか
page_title…サブメニューがクリックされたときにHTMLページタイトルになるテキスト。
menu_title…サブメニューの管理画面上での名前。
access_level/capability…このメニューページを閲覧・使用するために最低限必要なユーザーレベル。
file…既存のWordPressメニュー用には、メニューページのコンテンツを表示するPHPファイル。カスタムのトップレベルメニュー下においては、ユニークなこのサブメニューページの識別子。
function…メニューページのコンテンツを出力する関数。

そして次にメニューをクリックした際に表示されるファイルを作成。上でいう「リンク先」から飛ぶファイルですので、合わせてください。こちらは自由にどうぞ。

プラグインを有効にする

次に、プラグインの一覧を開くと、さきほど作った名前で表示されているので「有効」にします。注意するのはコメントアウトしている部分も入れておくこと。これが入っていないとプラグインとして認識されません。

これだけで、メニューに追加されます。

[sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK 開発奮闘記