WordPressの管理画面にオリジナルメニューを作る方法

2012/08/31 (2018/02/09更新) カテゴリー:ビジネスハック,開発奮闘記 タグ: ,
SPONSOR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワードプレスの管理画面内に、自分用のオリジナルメニューを追加する方法の説明です。例えば、管理画面から別のURLにリンクしたいとか、独自の処理を行いたい時に利用すると便利になります。

SPONSOR

メニュー追加用のファイルを作成

まずwp-content/pluginsの中に、適当な名前でフォルダを作り、phpファイルを2つアップします。

menu.php

<?php
/*
Plugin Name: プラグイン名
Plugin URI: http://plus.vc
Description: プラグインの説明
Version: 1.0.0
Author: PLUS
Author URI: http://plus.vc
*/
add_action('admin_menu', 'clear_menu');

function clear_menu() {
  add_submenu_page('post-new.php', 'ページタイトル', 'メニュータイトル',8, __FILE__, 'menu_function');
}

function menu_function() {
  echo '<div class="wrap">';
  echo '<p><a href="リンク先" target="_blank">メニューに表示される名前</p>';
  echo '</div>';
}
?>

add_submenu_page(”parent”, ”page_title”, ”menu_title”, ”access_level/capability”, ”file”, ”[function]”);

parent…どこにメニューを表示させるか
page_title…サブメニューがクリックされたときにHTMLページタイトルになるテキスト。
menu_title…サブメニューの管理画面上での名前。
access_level/capability…このメニューページを閲覧・使用するために最低限必要なユーザーレベル。
file…既存のWordPressメニュー用には、メニューページのコンテンツを表示するPHPファイル。カスタムのトップレベルメニュー下においては、ユニークなこのサブメニューページの識別子。
function…メニューページのコンテンツを出力する関数。

そして次にメニューをクリックした際に表示されるファイルを作成。上でいう「リンク先」から飛ぶファイルですので、合わせてください。こちらは自由にどうぞ。

プラグインを有効にする

次に、プラグインの一覧を開くと、さきほど作った名前で表示されているので「有効」にします。注意するのはコメントアウトしている部分も入れておくこと。これが入っていないとプラグインとして認識されません。

これだけで、メニューに追加されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR
IRITECはITエンジニアが「コンテンツで集客・広告収入を得る」「お客様の話をきいて価値を提案できる」 「自分で考えたアプリで収益を上げる」など、エンジニアが生き残っていくための情報をお届けしているビジネスハックメディアです。

無料メールマガジンを購読すると特典があります!

COMMENT

コメントをどうぞ

RELATION

関連する記事

SPONSOR

RECOMMEND

おすすめの記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす

PROFILE

イリテクのプロフィール

イリテクはWEBシステム・スマホアプリ開発を得意とする制作会社です!
入江 慎吾/イリテク株式会社 代表取締役
1982年生まれ。長崎県 五島列島出身。福岡のWeb制作会社で10年間、ディレクション、Webデザイン、システム開発に従事。 その後、趣味で始めたiPhoneアプリ開発をきっかけにフリーランスとして独立後、2014年にイリテク株式会社として法人化。(もっと詳しいプロフィール)
SPONSOR

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト