HOME > 開発メモ > サイトがgzip圧縮されているかどうかをテストできる「GIDZipTest」
2012/08/24 (2014/08/26更新) タグ: , , ,

サイトがgzip圧縮されているかどうかをテストできる「GIDZipTest」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトの高速化に有効な手段として知られているgzip圧縮。サーバー側で設定した後に、反映されているかどうかをチェックできるWebサービスがあります。

SPONSOR

gzip圧縮とは

そもそもgzip圧縮とは、CSSやJavaScript、HTMLなどをサーバーで圧縮して、ブラウザで解凍するため、データ転送量を少なく抑えることができるというもの。結果としてサイトの高速化につながります。

このgzipを設定した後に、ちゃんと反映されているかどうかのチェックを「GIDZipTest」でURLを入れるだけでできてしまうのです。

なお、gzipは古いブラウザだと対応していないので、サーバー側で切り分けする設定が必要です。

GIDZipTest

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSER

こちらの記事もおすすめです

お役にたちましたら、メール購読もどうぞ!

 

イリテクの最新記事をお届けします

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクのプロフィール
入江 慎吾
System & Design Developer。イリテク株式会社 代表取締役。自社企画でクラウド見積請求書作成サービス「CLOUD PAPER」を開発・運営。仕様を決めずに少ない予算でも開発をスタートできる「開発までできるシステム顧問サービス」を実施中。(もっと詳しく
開発したWebサービス
開発したアプリ
新着記事
カテゴリ/タグ
SPONSER