iOS5より古いバージョンのプロジェクトファイルをARCに対応させる

2018/02/09更新 カテゴリー:ビジネスハック,開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iOS5からARC(Auto Reference Counting)という便利な機能が追加されました。これまでせかせかと書いていたretainやreleaseを記述しなくても、自動的にXcode側で管理してくれるというものです。しかし、そのままではiOS5以前に作ったファイルはARCが使えません。そこで、今回はiOS5以前のファイルでもARCを使えるようにする方法の紹介です。

SPONSOR

既存のプロジェクトファイルの設定変更

まず、古いバージョンで作成したプロジェクトファイルを開いて、「Build Settings」タブを開きます。

「Compiler for C/C++/Objective-C」の箇所を「Apple LLVM compiler 4.0」にします。

Apple LLVMとは

Xcode における LLVM は従来のデフォルトコンパイラである GCC を置き換えるものとのこと。Xcode4からはこのLLVMになっているようです。
・コンパイルが速い
・コンパイルされたコードが速い
・エラーメッセージがわかりやすい
・他のツールと連携しやすい
参考:Xcode 4 でデフォルトになった LLVM って何?

次に「Objective-C++ Automatic Reference …」をYESにします。

retainやreleaseを一括変換

このままではファイル内に記述しているretainやreleaseはそのままなので、エラーが出ます。そこで便利な変換機能を使います。

チェックしたファイルが変換されることになるのですが、「Cannot Convert to Objective-C ARC」というようなエラーが出るようならその箇所をチェックして修正して、また変換にかけて…の繰り返しで解決していきます。

古いライブラリを利用していて、そのままのコードで使いたい場合はこちらを参考にどうぞ!
Xcodeでファイル別にARCの有効・無効を設定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす