コンテンツへスキップ →

iOS5より古いバージョンのプロジェクトファイルをARCに対応させる

iOS5からARC(Auto Reference Counting)という便利な機能が追加されました。これまでせかせかと書いていたretainやreleaseを記述しなくても、自動的にXcode側で管理してくれるというものです。しかし、そのままではiOS5以前に作ったファイルはARCが使えません。そこで、今回はiOS5以前のファイルでもARCを使えるようにする方法の紹介です。

既存のプロジェクトファイルの設定変更

まず、古いバージョンで作成したプロジェクトファイルを開いて、「Build Settings」タブを開きます。

「Compiler for C/C++/Objective-C」の箇所を「Apple LLVM compiler 4.0」にします。

Apple LLVMとは

Xcode における LLVM は従来のデフォルトコンパイラである GCC を置き換えるものとのこと。Xcode4からはこのLLVMになっているようです。
・コンパイルが速い
・コンパイルされたコードが速い
・エラーメッセージがわかりやすい
・他のツールと連携しやすい
参考:Xcode 4 でデフォルトになった LLVM って何?

次に「Objective-C++ Automatic Reference …」をYESにします。

retainやreleaseを一括変換

このままではファイル内に記述しているretainやreleaseはそのままなので、エラーが出ます。そこで便利な変換機能を使います。

チェックしたファイルが変換されることになるのですが、「Cannot Convert to Objective-C ARC」というようなエラーが出るようならその箇所をチェックして修正して、また変換にかけて…の繰り返しで解決していきます。

古いライブラリを利用していて、そのままのコードで使いたい場合はこちらを参考にどうぞ!
Xcodeでファイル別にARCの有効・無効を設定する方法

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK 開発奮闘記