iPhone・iPadアプリでスリープ状態に入らないように制御する

2016/09/14更新 カテゴリー:開発奮闘記 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneアプリで長い処理を必要とする際、自動スリープに入らないようにしたいケースがあります。

SPONSOR

そんな時はidleTimerDisabledを使います。これをYESにすれば自動スリープを解除。逆にNOにすれば自動スリープに入る状態に設定できます。使いたいViewのviewDidLoadで読み込みます。

//自動スリープの解除
UIApplication *application = [UIApplication sharedApplication];
application.idleTimerDisabled = YES;

ちなみにXcodeからデバッグで実機テストをしている時は、YESにしようが自動スリープにはなりません。なので、一度インストールして接続を切ってテストしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は約1ヶ月で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす