HOME > 開発メモ > MySQLからPostgreSQLに変更する場合のPHP変更箇所
2012/02/27 (2014/08/26更新) タグ: , ,

MySQLからPostgreSQLに変更する場合のPHP変更箇所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もともとMySQLを使っているPHPのシステムで、PostgreSQLに変更せざるを得ないケースが出た場合の対処方法についてのまとめです。基本的にPHPが優秀なので、変更も簡単でした。

SPONSOR

接続部分の変更

$db = mysql_connect("ホスト名", "ユーザー" ,"パスワード");
mysql_select_db("データベース名",$db);

↓以下のように変更

pg_connect("dbname=データベース名 host=ホスト名 port=ポート user=ユーザー password=パスワード");

PostgreSQLの場合、データベースなど一気に選択。

関数の変更

mysql_query → pg_query
mysql_fetch_array → pg_fetch_array
mysql_num_rows → pg_num_rows
などなど、頭にmysqlとついているものをpgに変更するだけで動きます。

注意するのはSQL命令文のlimitで、MySQLだと5件表示する場合
limi 0,5としますが、PostgreSQLだとoffset 0 limit 5 と書きます。

データ移動

SQL命令文はほぼ同じなので、PHPMyAdminを使っていればエクスポートでinsert文をはきだして、PostgreSQL側で実行するのみ。

SQL管理

PHPMyAdminと同じ感覚で使えるphpPgAdminがありますので、使うと便利です。

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSER

こちらの記事もおすすめです

お役にたちましたら、メール購読もどうぞ!

 

イリテクの最新記事をお届けします

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
イリテクのプロフィール
入江 慎吾
System & Design Developer。イリテク株式会社 代表取締役。自社企画でクラウド見積請求書作成サービス「CLOUD PAPER」を開発・運営。仕様を決めずに少ない予算でも開発をスタートできる「開発までできるシステム顧問サービス」を実施中。(もっと詳しく
開発したWebサービス
開発したアプリ
新着記事
カテゴリ/タグ
SPONSER