コンテンツへスキップ →

作ろうとしているWebサービスやアプリ名が商標登録されているかどうか調べるには

新しく何か作ろうとした時に、その名称が商標登録されているかどうか、事前に調べた方がいいです。せっかく作ってうまく軌道にのせることができても、商標登録されているものであれば、最悪の場合、商標権侵害として損害の賠償を行わなければなりません。

そもそも、なぜ商標が必要なのか。例えば、ある商品に名称をつけて、売り出しを行い、認知度が上がれば、商品の価値も上がり、商品名だけで消費者が購入するようになります。これを悪用しようと思えば、新規参入した会社が同じ商品名で売りだそうと考えます。当然、無名の商品よりも、知名度の高い商品名の方が売れるでしょう。こういったことを避けるため、守るために商標があります。

そこで、商品名がかぶらないようにするには、事前に調べておくことが必要です。商標については、特許電子図書館のサイトで商標登録されているかどうか調べることが出来ます。商品名・サービス名が決まったら、一度チェックをしておきましょう!

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK 開発奮闘記