作ろうとしているWebサービスやアプリ名が商標登録されているかどうか調べるには

2012/01/23 (2016/09/14更新) カテゴリー:ビジネスハック,開発奮闘記 
SPONSOR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しく何か作ろうとした時に、その名称が商標登録されているかどうか、事前に調べた方がいいです。せっかく作ってうまく軌道にのせることができても、商標登録されているものであれば、最悪の場合、商標権侵害として損害の賠償を行わなければなりません。

SPONSOR

そもそも、なぜ商標が必要なのか。例えば、ある商品に名称をつけて、売り出しを行い、認知度が上がれば、商品の価値も上がり、商品名だけで消費者が購入するようになります。これを悪用しようと思えば、新規参入した会社が同じ商品名で売りだそうと考えます。当然、無名の商品よりも、知名度の高い商品名の方が売れるでしょう。こういったことを避けるため、守るために商標があります。

そこで、商品名がかぶらないようにするには、事前に調べておくことが必要です。商標については、特許電子図書館のサイトで商標登録されているかどうか調べることが出来ます。商品名・サービス名が決まったら、一度チェックをしておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR
IRITECはITエンジニアが「コンテンツで集客・広告収入を得る」「お客様の話をきいて価値を提案できる」 「自分で考えたアプリで収益を上げる」など、エンジニアが生き残っていくための情報をお届けしているビジネスハックメディアです。

無料メールマガジンを購読すると特典があります!

COMMENT

コメントをどうぞ

RELATION

関連する記事

SPONSOR

RECOMMEND

おすすめの記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす

PROFILE

イリテクのプロフィール

イリテクはWEBシステム・スマホアプリ開発を得意とする制作会社です!
入江 慎吾/イリテク株式会社 代表取締役
1982年生まれ。長崎県 五島列島出身。福岡のWeb制作会社で10年間、ディレクション、Webデザイン、システム開発に従事。 その後、趣味で始めたiPhoneアプリ開発をきっかけにフリーランスとして独立後、2014年にイリテク株式会社として法人化。(もっと詳しいプロフィール)
SPONSOR

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト