コンテンツへスキップ →

iPadやiPhoneで社内向け業務アプリを作る方法

通常、デベロッパープログラムに参加して、アプリを作り、AppStoreに公開する。という手順が一般的ですが、社内だけでアプリを作りたいケースもあると思います。社内だけでしか使わないので、AppStoreに公開する必要はない。そんな時は、iOS Developer Enterprise Programに参加することで、AppStoreを通さず、社内アプリを開発することが出来ます。

iOS Developer Enterprise Programに参加しなくても、AdHocという配布方法をとればAppStoreを経由せずに、配布することが出来ますが、これは少数のテスターを対象にアプリを配布する方式として使われるものなので、インストールできる端末が100個に制限されていたり、期限がついていたりと、管理が大変です。それらを考えると、社内向けアプリを作る場合は、iOS Developer Enterprise Programに参加した方がいいでしょう。

何が出来るのか

AppStoreを通さずに、ワイヤレスで配布することが可能です。
もちろん、Appleの審査も入りません。そして台数制限もありません。

何が必要か

  • iOS Developer Enterprise Programへ申込み
  • Webサーバー(ここでアプリの配布を行う)
    外部に漏れないよう厳重に管理すること。
  • iOS App(.ipaファイルフォーマット)
  • XMLマニフェストファイル

iOS Developer Enterprise Programの申込みにはDUNS番号が必要

iOS Developer Enterprise Programは年間参加費 ¥24,800。申込みにあたってはDUNS番号(世界標準の企業識別コード)を取得している企業及び組織団体である必要があります。DUNS番号は東京商工リサーチで検索可能。

DUNS番号がない企業は申請を行う必要があります。代金は、証明書の発行を含めて10,500円。登記簿謄本とオンラインフォームで必要事項を入力します。発行までの期間は、登記簿謄本到着後3営業日までに取得可能とのこと。

公開までの流れ

公開手順としては、アプリの開発が終わったら、「ビルド」>「ビルドとアーカイブ」コマンドでAppアーカイブを作成します。続いて「アプリケーションを共有…」コマンドと「エンタープライズ向けディストリビューション」オプションを使用。そうすると、マニフェストファイル(Xcodeによって作成されます)に関する情報を提供するように要求されます。ちなみに、マニフェストファイルの中身は、XML plistフォーマットのファイルです。中身はURLやbundle-identifierやtitleなどなど。

そして、Webサーバーにアプリのファイルとマニフェストファイルをアップロード。インストールするページのhtmlには以下の形式でAタグを入れます。

<a href="itms-services://?action=download-manifest&url=http://example.com/
manifest.plist">Install App</a>

そしてiOSデバイスからURLにアクセスしてリンクをクリックすればインストールが行われます。

具体的な実装方法をまとめました。詳しくは「iOS Developer Enterpriseで社内向けiPhoneアプリを作る方法 [完全版]」を御覧ください。

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK 開発奮闘記