Skip to content →

iPadやiPhoneで社内向け業務アプリを作る方法

通常、デベロッパープログラムに参加して、アプリを作り、AppStoreに公開する。という手順が一般的ですが、社内だけでアプリを作りたいケースもあると思います。社内だけでしか使わないので、AppStoreに公開する必要はない。そんな時は、iOS Developer Enterprise Programに参加することで、AppStoreを通さず、社内アプリを開発することが出来ます。

iOS Developer Enterprise Programに参加しなくても、AdHocという配布方法をとればAppStoreを経由せずに、配布することが出来ますが、これは少数のテスターを対象にアプリを配布する方式として使われるものなので、インストールできる端末が100個に制限されていたり、期限がついていたりと、管理が大変です。それらを考えると、社内向けアプリを作る場合は、iOS Developer Enterprise Programに参加した方がいいでしょう。

何が出来るのか

AppStoreを通さずに、ワイヤレスで配布することが可能です。
もちろん、Appleの審査も入りません。そして台数制限もありません。

何が必要か

  • iOS Developer Enterprise Programへ申込み
  • Webサーバー(ここでアプリの配布を行う)
    外部に漏れないよう厳重に管理すること。
  • iOS App(.ipaファイルフォーマット)
  • XMLマニフェストファイル

iOS Developer Enterprise Programの申込みにはDUNS番号が必要

iOS Developer Enterprise Programは年間参加費 ¥24,800。申込みにあたってはDUNS番号(世界標準の企業識別コード)を取得している企業及び組織団体である必要があります。DUNS番号は東京商工リサーチで検索可能。

DUNS番号がない企業は申請を行う必要があります。代金は、証明書の発行を含めて10,500円。登記簿謄本とオンラインフォームで必要事項を入力します。発行までの期間は、登記簿謄本到着後3営業日までに取得可能とのこと。

公開までの流れ

公開手順としては、アプリの開発が終わったら、「ビルド」>「ビルドとアーカイブ」コマンドでAppアーカイブを作成します。続いて「アプリケーションを共有…」コマンドと「エンタープライズ向けディストリビューション」オプションを使用。そうすると、マニフェストファイル(Xcodeによって作成されます)に関する情報を提供するように要求されます。ちなみに、マニフェストファイルの中身は、XML plistフォーマットのファイルです。中身はURLやbundle-identifierやtitleなどなど。

そして、Webサーバーにアプリのファイルとマニフェストファイルをアップロード。インストールするページのhtmlには以下の形式でAタグを入れます。

<a href="itms-services://?action=download-manifest&url=http://example.com/
manifest.plist">Install App</a>

そしてiOSデバイスからURLにアクセスしてリンクをクリックすればインストールが行われます。

具体的な実装方法をまとめました。詳しくは「iOS Developer Enterpriseで社内向けiPhoneアプリを作る方法 [完全版]」を御覧ください。

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

Published in HACK 開発奮闘記