Storyboardで画面間のデータ受け渡しをする。

2018/02/09更新 カテゴリー:ビジネスハック,開発奮闘記 タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Storyboardを使った場合の画面移動で、データを受け渡ししたい場合の方法についての解説です。

SPONSOR

1.StoryboardのIdentifierに名前をつける。

2.prepareForSegueをオーバーライドする

- (void)prepareForSegue:(UIStoryboardSegue *)segue sender:(id)sender{

    if ([[segue identifier] isEqualToString:@"Identifierにつけた名前"]) {
        PlayViewController *viewController = (PlayViewController*)[segue destinationViewController];
        viewController.mode =@"受け渡す値";
    }

}

Controllerの部分は適切なものに変更して下さい。これでデータの受け渡しが出来ます。

条件によって画面移動させるかどうか判別

Storyboardの画面移動でpushを選択して、Identifierをつけておきます。

- (void)prepareForSegue:(UIStoryboardSegue *)segue sender:(id)sender{

    if ([[segue identifier] isEqualToString:@"Identifierにつけた名前"]) {
        PlayViewController *viewController = (PlayViewController*)[segue destinationViewController];
        [self presentModalViewController:viewController animated:YES];
    }

}

自前でpresentModalViewControllerを使って、移動させることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
自分のサービスだけで自由に生きる。勢いで受託開発をすべてやめて、サービスだけ作って生きていくことを決めたフリーのエンジニア。得意を教えて副業にできるMENTAを開発中! (詳しいプロフィール)
WEBサービス・アプリ開発に役立つ情報をイリテクの入江がお届けします。プログラミング、UI/UXデザイン、SNS・ブログマーケティングなど、プロダクト開発だけで自由に生きていくための実践的な情報を配信しています。

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす