HOME > ビジネスハック > Storyboardで画面間のデータ受け渡しをする。
2012/01/17 (2016/09/14更新) タグ:

Storyboardで画面間のデータ受け渡しをする。

Storyboardを使った場合の画面移動で、データを受け渡ししたい場合の方法についての解説です。

SPONSOR

1.StoryboardのIdentifierに名前をつける。

2.prepareForSegueをオーバーライドする

- (void)prepareForSegue:(UIStoryboardSegue *)segue sender:(id)sender{

    if ([[segue identifier] isEqualToString:@"Identifierにつけた名前"]) {
        PlayViewController *viewController = (PlayViewController*)[segue destinationViewController];
        viewController.mode =@"受け渡す値";
    }

}

Controllerの部分は適切なものに変更して下さい。これでデータの受け渡しが出来ます。

条件によって画面移動させるかどうか判別

Storyboardの画面移動でpushを選択して、Identifierをつけておきます。

- (void)prepareForSegue:(UIStoryboardSegue *)segue sender:(id)sender{

    if ([[segue identifier] isEqualToString:@"Identifierにつけた名前"]) {
        PlayViewController *viewController = (PlayViewController*)[segue destinationViewController];
        [self presentModalViewController:viewController animated:YES];
    }

}

自前でpresentModalViewControllerを使って、移動させることが出来ます。

タグ:
この記事をシェアする

イリテクの最新記事をお届けします

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む

イリテクで開発したサービス

請求書作成業務をもっとかんたんに。見積請求書の作成だけでなく、郵送代行、メール送信、PDFダウンロードなどバックオフィスを効率化。

詳しくはこちら

こちらの記事もおすすめです

SPONSER

記事を書いている人
入江 慎吾
イリテク(株)代表。webシステム、デザイン、iOSアプリ開発に携わって15年目。ディレクションもデザインもやるプログラマ。複数の企業と専属エンジニア契約中。自社で見積請求CLOUD PAPER運営。iPhoneアプリ全国総合ランキング3位を記録。イリテクブログは月間約5万PV。(もっと詳しく
SPONSOR
最新記事
Facebook
Twitter