HOME > ビジネスハック > Storyboardで画面間のデータ受け渡しをする。
2012/01/17 (2016/09/14更新) タグ:

Storyboardで画面間のデータ受け渡しをする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Storyboardを使った場合の画面移動で、データを受け渡ししたい場合の方法についての解説です。

SPONSOR

1.StoryboardのIdentifierに名前をつける。

2.prepareForSegueをオーバーライドする

- (void)prepareForSegue:(UIStoryboardSegue *)segue sender:(id)sender{

    if ([[segue identifier] isEqualToString:@"Identifierにつけた名前"]) {
        PlayViewController *viewController = (PlayViewController*)[segue destinationViewController];
        viewController.mode =@"受け渡す値";
    }

}

Controllerの部分は適切なものに変更して下さい。これでデータの受け渡しが出来ます。

条件によって画面移動させるかどうか判別

Storyboardの画面移動でpushを選択して、Identifierをつけておきます。

- (void)prepareForSegue:(UIStoryboardSegue *)segue sender:(id)sender{

    if ([[segue identifier] isEqualToString:@"Identifierにつけた名前"]) {
        PlayViewController *viewController = (PlayViewController*)[segue destinationViewController];
        [self presentModalViewController:viewController animated:YES];
    }

}

自前でpresentModalViewControllerを使って、移動させることが出来ます。

お役にたちましたら、メール購読もどうぞ!

 

タグ:
この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イリテクの最新記事をお届けします

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む

イリテクで開発したサービス

こちらの記事もおすすめです

SPONSER

イリテクのプロフィール
入江 慎吾
デザインエンジニア。イリテク株式会社 代表取締役。Webシステム開発、Webサイト制作、スマートフォンアプリ開発を受託で行うほか、自社企画でクラウド見積請求書作成サービス「CLOUD PAPER」を開発・運営。仕様を決めずに少ない予算でも開発をスタートできる「月額固定のシステム開発」を実施中。(もっと詳しく
開発したWebサービス
開発したアプリ
新着記事
カテゴリ/タグ