画面間の移動をもっと簡単にする、Xcode4.2より追加されたStoryboardの使い方を解説。

2011/12/21 (2018/02/09更新) カテゴリー:ビジネスハック,開発奮闘記 タグ: ,
SPONSOR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Xcodeを4.2にバージョンアップしてから、新規アプリを作っていなかったんですが、新規でつくりはじめたらStoryboardという機能が追加されていました。もともとiPhoneアプリの画面はxibを使って画面を作り、画面移動はソースコードに記述して、という分離されたものを触る必要がありました。これがもっと簡単になります。

SPONSOR

Storyboardの簡単な使い方

まず、「Single View Application」を選択して新規プロジェクトを作る。

「Use Storyboard」にチェックを入れること。

これで、MainStoryboard.storyboardというファイルが出来上がっています。

右下からViewControllerをドラッグして貼り付けます。

そして、従来同様、追加したViewControllerのファイル(h,m)を作ります。作ったら、ViewにClassを設定。ここは以前と変わりません。そして、ここからが簡単。

ボタンを追加して、ボタン上からControlキーを押しながら、移動先の画面にドラッグ。そしてModalを選択。

これだけで、画面間の移動が出来るようになりました。Xcodeも解説本が追いつかないほど、進化していて、どんどん開発のハードルが下がっていってますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR
IRITECはITエンジニアが「コンテンツで集客・広告収入を得る」「お客様の話をきいて価値を提案できる」 「自分で考えたアプリで収益を上げる」など、エンジニアが生き残っていくための情報をお届けしているビジネスハックメディアです。

無料メールマガジンを購読すると特典があります!

COMMENT

コメントをどうぞ

RELATION

関連する記事

SPONSOR

RECOMMEND

おすすめの記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす

PROFILE

イリテクのプロフィール

イリテクはWEBシステム・スマホアプリ開発を得意とする制作会社です!
入江 慎吾/イリテク株式会社 代表取締役
1982年生まれ。長崎県 五島列島出身。福岡のWeb制作会社で10年間、ディレクション、Webデザイン、システム開発に従事。 その後、趣味で始めたiPhoneアプリ開発をきっかけにフリーランスとして独立後、2014年にイリテク株式会社として法人化。(もっと詳しいプロフィール)
SPONSOR

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト