Skip to content →

画面間の移動をもっと簡単にする、Xcode4.2より追加されたStoryboardの使い方を解説。

Xcodeを4.2にバージョンアップしてから、新規アプリを作っていなかったんですが、新規でつくりはじめたらStoryboardという機能が追加されていました。もともとiPhoneアプリの画面はxibを使って画面を作り、画面移動はソースコードに記述して、という分離されたものを触る必要がありました。これがもっと簡単になります。

Storyboardの簡単な使い方

まず、「Single View Application」を選択して新規プロジェクトを作る。

「Use Storyboard」にチェックを入れること。

これで、MainStoryboard.storyboardというファイルが出来上がっています。

右下からViewControllerをドラッグして貼り付けます。

そして、従来同様、追加したViewControllerのファイル(h,m)を作ります。作ったら、ViewにClassを設定。ここは以前と変わりません。そして、ここからが簡単。

ボタンを追加して、ボタン上からControlキーを押しながら、移動先の画面にドラッグ。そしてModalを選択。

これだけで、画面間の移動が出来るようになりました。Xcodeも解説本が追いつかないほど、進化していて、どんどん開発のハードルが下がっていってますね。

SHARE

PROFILE

入江 慎吾
イリテク株式会社代表取締役 / メンターマッチングサービスMENTAを運営(月間流通額700万突破)/ 累計20個以上のWEBサービスやアプリを開発 / CAMPFIREとコミュニティツールVoyageを共同開発中 / 「自分のサービスで生きていく」をコンセプトに個人開発オンラインサロン「入江開発室」を運営(詳しいプロフィール)

Published in HACK 開発奮闘記