コンテンツへスキップ →

画面間の移動をもっと簡単にする、Xcode4.2より追加されたStoryboardの使い方を解説。

Xcodeを4.2にバージョンアップしてから、新規アプリを作っていなかったんですが、新規でつくりはじめたらStoryboardという機能が追加されていました。もともとiPhoneアプリの画面はxibを使って画面を作り、画面移動はソースコードに記述して、という分離されたものを触る必要がありました。これがもっと簡単になります。

Storyboardの簡単な使い方

まず、「Single View Application」を選択して新規プロジェクトを作る。

「Use Storyboard」にチェックを入れること。

これで、MainStoryboard.storyboardというファイルが出来上がっています。

右下からViewControllerをドラッグして貼り付けます。

そして、従来同様、追加したViewControllerのファイル(h,m)を作ります。作ったら、ViewにClassを設定。ここは以前と変わりません。そして、ここからが簡単。

ボタンを追加して、ボタン上からControlキーを押しながら、移動先の画面にドラッグ。そしてModalを選択。

これだけで、画面間の移動が出来るようになりました。Xcodeも解説本が追いつかないほど、進化していて、どんどん開発のハードルが下がっていってますね。

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: HACK 開発奮闘記