macのMAMPで設定したlocalhostにてメール送信テストをする方法(gmail利用)

2018/03/23更新 カテゴリー:WEBシステム開発,開発奮闘記 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mampでローカル環境を作るのはかんたんですが、ローカルでメール送信できるようにするためには別途設定が必要です。しかし、面倒だからといって、ローカルでメールのテストできなければ不便ですよね。そこで、今回はlocalhostにてメールの送信を行う方法をご紹介します。環境はmacで、gmailを使って送信します。

SPONSOR

Postfixの設定をする

Postfixはmacにあらかじめインストールされているメール転送エージェント(MTA)です。電子メールを相手方に送信するためのメールサーバ機能における中心的な機能をになっています。

macのターミナルを起動して
postfix start
でpostfixを起動します。

root権限で/etc/postfix/main.cfを編集

一番下に下記を追加します。

myorigin = gmail.com
myhostname = smtp.gmail.com
relayhost = [smtp.gmail.com]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = plain
inet_protocols = ipv4
smtp_use_tls = yes
smtp_tls_security_level=encrypt
tls_random_source=dev:/dev/urandom

今回は、smtpにgmailを使います。

sasl_passwdをつくる

ここにgmailのパスワードを保存しておきます。
こちらもroot権限で編集を。

/etc/postfix/sasl_passwd

なお、gmailのパスワードはアプリパスワードをつくります。
(あらかじめパスワードの2段階認証を設定済みである必要があります)
パスワード設定

そして作ったパスワードにて以下の一文をsasl_passwdに追加します。
[smtp.gmail.com]:587 username@gmail.com:password
メールアドレスはご自身のものを入れてください。

chmod 600 /etc/postfix/sasl_passwd
としてroot権限でしか、パスワードをみれないようにします。

postmap /etc/postfix/sasl_passwd
でデータベースを更新します。

postfix reload
再読込すれば設定完了。

あとは、実際にphpなどでメール送信テストを行うとメールが送られていることを確認できます。

フリーランスエンジニアの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾
自分が作ったサービスで生きていく。同じゴールを目指すサービス開発集団「入江開発室」を運営(現在約280名) / 個人間スキルシェアサービス「MENTA」は1ヶ月と10日で売上100万円を達成。1日で100社が利用した「JobTag」など多数開発
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす