コンテンツへスキップ →

GoogleAnalyticsで会員・非会員別のアクセスを知る方法

CLOUD PAPERの会員・非会員の動きについて知るため奮闘中です。そこで、前回、Googleタグマネージャについて紹介しましたが、今回はAnalyticsと組み合わせて、会員・非会員別のアクセスを知る方法をご紹介していきます。

Analyticsにてカスタムディメンションを作成

Analyticsでは会員・非会員については自動判別できないため、カスタムディメンションという機能を使います。これを使って、この人は会員ですよ、というフラグをつけるわけですね。会員という印をつけることができれば、それ以外は非会員ということもわかります。
カスタムディメンションプロパティ→カスタム定義の中にカスタムディメンションがあります。
会員カスタムディメンション範囲はユーザーで。

商品 – 値は、設定されている商品(拡張 e コマースのみ)に適用されます。
ヒット – 値は、設定された 1 つのヒットにのみ適用されます。
セッション – 1 回のセッションのすべてのヒットに値が適用されます。
ユーザー – 現在と将来のセッションのすべてのヒットに値が適用されます(値が変わるか、カスタム ディメンションがアクティブでなくなるまで適用されます)。

とのこと。ユーザーにしておけば、ほぼ永遠に会員であることが記録されます。Analyticsの設定はここまで。
次はタグマネージャでの設定です。

Googleタグマネージャで設定

まず、大枠の流れとしてトリガーで特定のページにアクセスした人に特定のタグを適用する、という設定をしていきます。

具体的には会員がアクセスするページが表示されたら、カスタムディメンションのタグを適用して会員であるという印をつけるということです。

ということで、まずはタグを新規作成。
タグ設定追加するタイプはAnalyticsでいいんですが、カスタムディメンションを設定しなければなりません。
カスタムディメンション設定インデックスはAnalyticsのカスタムディメンション一覧に表示されている数字と一致させてください。
Analyticsでのカスタムディメンションのインデックス変数は右のプラスボタンを押して、さらに組み込み変数の横の+ボタンで新規作成。
変数追加
変数の種類は定数で値はyesにしておいてください。
変数設定
トリガーはこんな感じで、会員だけが見れるページを指定してください。
トリガー設定お疲れ様でした。これで公開すれば、適用されているはずです。

Analyticsで会員だけみてみる

Analyticsにてセグメントで下記を追加。会員だけを抽出してくれます。
セグメント
ようやくこれで会員だけ見れるようになりました。
会員だけ

[sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: コラム 開発奮闘記