HOME > レビュー・紹介 > Googleタグマネージャで管理すると、タグの変更でいちいちFTP触らなくてもよくなります
2017/01/23 (2017/01/27更新) タグ: , , ,

Googleタグマネージャで管理すると、タグの変更でいちいちFTP触らなくてもよくなります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleAnayticsのタグやコンバージョンタグ、facebookのタグなど外部サービスの組み込みが当たり前になっています。例えば、コンバージョンタグは変更することも多かったりしますし、タグの追加って結構面倒ですよね。

フォームのサンクスページにつけることも多いので、変更する度に動いているかどうかの動作確認もしないといけませんし。

そこで、Googleタグマネージャの出番です。これがなんなのかというと名前の通りタグをマネージするサービスなんですが、かんたんにいえばGoogleタグマネージャのタグを一つサイトに入れておけば、管理画面でタグの追加や変更がかんたんにできるようになります

SPONSOR

phpでタグ管理するよりも管理しやすい

よくphpを使って、タグを一元管理することがあります。

一つのファイルにタグをいれておけば、そのファイルを変更するだけで全てに適用されますね。これは、全ページで同じタグを使う場合はいいんですが、さきほどのような、このページにだけコンバージョンタグをいれたい、というようなカスタマイズを加えていくと面倒な処理を書き加えていかなければなりません。

Googleタグマネージャでは、条件によってどのタグを適用する、というようなカスタマイズも管理画面でかんたんにできます。

プログラマーやコーダーに、いちいち依頼しなくても誰でも扱えるようになるというメリットもあります。使い方がちょっと最初はわかりにくいので慣れは必要なんですけども。

では、さらっとタグマネージャの使い方を紹介していきます。

GoogleAnalyticsのタグを埋め込んでみる

まず、Googleタグマネージャにログインしてアカウントを作成します。アカウントは、サイト単位でつくります。
タグマネージャでアカウント作成登録すると、タグがでてくるのでこれをサイト内に埋め込みましょう。
タグ埋め込みサイトのタグをFTPでアップするのはこれで最後です。以後はタグマネージャの管理画面で操作できます。素晴らしい。

こちらが初期画面です。
ワークスペースタグとはそのままAnalyticsなどのタグのこと。トリガーは条件です。全ページで適用するか、サンクスページだけに適用するかなどの細かい条件を設定できます。

今回、Analyticsのタグは全ページで使うので、トリガーは全ページになります。このようにタグとトリガーを組み合わせて、設定していくことができます。

まず、タグの追加をします。
タグの追加タグタイプを選択。Analyticsは最初からテンプレートがあるので選べます。ユニバーサルアナリティクスを選択。従来のAnalyticsは古いものなので、選ばなくていいです。
タグタイプ
トラッキングIDは、Analyticsに管理→プロパティ設定で確認できますので、それを入力。
トラッキングIDを設定次にトリガーの設定です。
全ページ全ページに適用したいので、全ページを選択。

これで完了です。あとは「公開」すればタグ設定が反映されます。公開前にプレビューでチェックすることもできます。複雑なタグを設定した場合は事前にプレビューで確認してから公開しましょう。
公開
次回は、さらに発展させて、Analyticsで会員・非会員を判定するため、カスタムディメンションを使ってタグを設定する方法をご紹介します。

GoogleAnalyticsで会員・非会員別のアクセスを知る方法

おすすめセレクション

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSER

こちらの記事もおすすめです

お役にたちましたら、メール購読もどうぞ!

 

イリテクの最新記事をお届けします

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
プロフィール
入江 慎吾
WEBサービス・アプリ開発デベロッパー。クラウド見積請求書作成サービス「CLOUD PAPER」を開発・運営。「開発までできるシステム顧問サービス」を実施中。(もっと詳しく
開発したWebサービス
開発したアプリ
新着記事
カテゴリ/タグ
SPONSER