コンテンツへスキップ →

Appleのデベロッパー登録(法人)のために、DUNSナンバーを取得する方法

法人でAppleのデベロッパー登録をするにはDUNSナンバーが必要になります。これを取得しないことには先に進めないので、ちょっと面倒。

DUNSナンバーとは?

DUNS(ダンズ)ナンバーは世界標準の企業コードとして使用されているナンバーです。

The Data Universal Numbering System (D-U-N-S®)、1962年にD&Bが開発した9桁の企業識別コードのことで、世界の企業を一意に識別できる企業コードです。D&Bが独自に管理をしており、日本企業についてはTSRが運営しています。D-U-N-S® Numberを用いることで、データベース上での企業の識別が容易になるため、顧客管理や、調達先管理、さらには各企業が運営する様々なプログラムで活用されています。

東京商工リサーチより。

日本ではあまり使われることがないのですが、世界では使われているようで、Appleが海外なので存在している企業かどうかの確認を手っ取り早くするために、DUNSナンバーでチェックしているのだと思います。

それで、クライアントからよく聞かれるのが、「うちは登記もしっかりしてるのに、なんで登録されてないの?」と聞かれることがありますが、登記とは何の関係もないのです。アメリカのD&B社が独自に収集・管理しているナンバーなので、通常日本の企業がみずから登録しているような類のものではありません。

東京商工リサーチはD&B社と業務提携しているので、日本企業の情報収集を東京商工リサーチが担当していて、D&B社のデータベースに反映させているのだと思われます。

DUNSナンバーが登録されているかどうかを調べる

東京商工リサーチの情報収集でデータベースに登録されていれば、既にナンバーが存在するかもしれません。DUNSナンバーが登録されているかどうかは、東京商工リサーチのサイトからか、D&B社のデーターベースから検索できます。

ひとまずパッと確認するには東京商工リサーチのサイトがかんたんなので、まずはここから。

ちなみに、イリテクで検索するとこのようにでてきますね。
DUNSナンバー検索自社なら無料でナンバーを取得できます。他社からは情報を取得できないので、クライアントに直接やってもらうのが確実ですね。

DUNSナンバーが登録されていない場合はD&B社に申請

登録されていなければD&B社に無料で申請できます。5営業日くらいで、申請を受付して、その後に2週間くらいでナンバーを発番してもらえます。

D&B社に申請する手順ですが、先にまずAppleIDを取得している必要があります。その上で、まずナンバーを検索し、登録されていなければ申請をするという流れになります。

もしお急ぎなら手数料が3000円ほどかかりますが、東京商工リサーチに申請もできます。こちらは3営業日ほどで登録してもらえます。ただし!東京商工リサーチ経由で申請してもD&B社のデータベースに反映されるまで2週間かかります。結局一緒ですね…。

[sc name=”ios”][sc name=”engeneer”]

SHARE

無料メルマガ<特典付き>

個人開発・ビジネスについての有益な情報を無料メルマガでお届けします。

特典:個人開発の教科書<心得編>
これまでの個人開発経験を秘伝のタレ的な内容としてエッセンスをまとめました。35ページにわたる大ボリュームです。

個人開発のスキルアップにMENTA

MENTAはいろんなプロに相談できるNo1メンターサービスです。

僕自身もプロダクトの壁打ち・相談にのっています。個人開発でもコードレビュー、セキュリティ面のチェック、デザイン、広告、コンテンツマーケ、SNS集客について相談する、など使えます。

YouTubeでも個人開発ノウハウを発信中!

PROFILE

入江 慎吾
あらゆるスキルが学べるパーソナルメンターサービスMENTAの代表/個人開発が好きでこれまでに30個ほどのWEBサービスやアプリを作ってきました/福岡のWEB制作会社勤務→フリーランスエンジニア→法人立ち上げ→M&A億単位の売却を経験。 (詳しいプロフィール)

カテゴリー: コラム 開発奮闘記