HOME > 開発メモ > 驚愕!Googleでクリック率が低いページを修正したら、5分で1ページ目に表示されるようになった!(証拠写真付き)
2017/01/20 タグ: ,

驚愕!Googleでクリック率が低いページを修正したら、5分で1ページ目に表示されるようになった!(証拠写真付き)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleのSearch Consoleで検索されているけどクリック率が低いものを修正したんです。
もっとクリックされるようにと。そしたら、5分で結果がでて驚いた話です。

SPONSOR

Search Consoleの検索アナリティクスを使う

GoogleのSearch Consoleを使えば、検索数が多いのにクリック率が低いものをみつけるのがかんたんです。クリック数、表示回数、CTR(クリック率)、掲載順位の数値が一覧でみれます。

イリテクは表示順ではこんな感じです。なぜか最近はマウス関連が多いんです。mac マウスで2ページ目、magic mouseでは1ページ目にでます(笑)
検索アナリティクスCTR(クリック率)が低いものを探してみます。

これは検索しているけど、このページにはその情報がなさそうだな…とユーザーに判断されているということです。検索キーワードとページタイトルをチェックして、改善すれば流入アップが見込めます。

効果テキメン!5分で結果に反映されました

クリック率が低いもの「JavaScript 整形」が低いですね。実際にGoogleで調べるとこのようにでてきます。2ページ目でした。
javascript 整形での検索結果そこで考えたのは、整形というキーワードがタイトルの後ろの方にでてくるので、パッとみて関連性が弱く見えるのかも…ということ。

そこで、「JavaScriptを整形するツール!圧縮されて読めないファイルを元に戻す!」に変更してみました。変更したら、Search ConsoleでそのままGoogleに更新しましたよと申請するのをお忘れなく。
fetch as googleこんな感じで、クリック率が低いものを見直していくと流入も増えるはず。

と、この記事を書いている最中に5分もたたず、Googleに反映されました!早すぎ。しかも…なんと1ページ目の4番目!さっきは2ページ目だったのに。

クリック率を上げるのが目的でしたが、順位まで変わるという嬉しい結果になりました。これは、他のキーワードもどんどん見直すべきですね。
検索結果

こちらの記事もご参考までに。

ブログ過去記事をリライトするコツと具体的な手順

おすすめセレクション

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSER

こちらの記事もおすすめです

お役にたちましたら、メール購読もどうぞ!

 

イリテクの最新記事をお届けします

イリテクの最新情報をチェック!
  • follow us in feedly
    RSSで最新記事を読む
プロフィール
入江 慎吾
WEBサービス・アプリ開発デベロッパー。クラウド見積請求書作成サービス「CLOUD PAPER」を開発・運営。「開発までできるシステム顧問サービス」を実施中。(もっと詳しく
開発したWebサービス
開発したアプリ
新着記事
カテゴリ/タグ
SPONSER