iPad Proでアプリのワイヤーフレーム描くのが楽しすぎる!iPad Proは思考のアウトプットに使える至高の逸品だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはどうやってワイヤーフレームをつくっているでしょうか。僕の場合、ワイヤーフレームを作る初期の段階では、まず紙で書きながら試行錯誤することが多いです。そして、それを清書するかのようにSkecthなどで作って、形にしていました。でも、これって結構手間がかかるんです。

アイディアをまとめるには、手描きで書くのが早いです。実際画面を書いてみて、あーだこーだやるんですが、これをやるのに紙じゃなくてiPad Proを使うと効率的だということに気づきました。iPad Proというより、Apple Pencilが素晴らしいんです。Pencilがあることで、完全なるデジタルノートになりました。

SPONSOR

evernoteの手書きメモがいい

ipadでワイヤーフレームワイヤーフレームを作るには、evernoteが向いてます。標準メモも手描きできますが、evernoteの方が優れている理由が3つあります。

1.適当な線から形を整えてくれる機能がある

下のように、サーッと線を書くと綺麗な線が引けますし、丸を書くと綺麗な丸に整えてくれます。
補正機能

2.切り取り機能がある

これは紙でもできませんが、書いた後に移動することができます。
移動

3.筆圧で文字に抑揚がでる

文字の太さも変えられますが、筆圧で太さも微妙に変わるので、本当に文字を書いている気分になり、ノッてきます。

ただ、1枚が1ノートとなっているので画面が多いと管理が面倒ではあります。標準メモは複数画面を一つのメモとして取り扱えるので、これをevernoteでも取り入れてほしいなと。

iPad Pro 9.7インチなら軽くて小さめなので、持ち歩きに向いてます。カフェでもどこでも、アイディアがでたらサッと取り出してメモとるなり、ワイヤーフレーム作るのもかんたんですね。

Adobe compもいい感じ

こちらもiPadで使えます。手描きよりももっと綺麗に作れます。例えば×を書くと画像のプレースホルダができたり、+でコピーできたり、手描きアクションでいろいろ作れるのが魔法みたいで面白いです。ただ、手描きで文字がかけないのが難点。これさえ解決していけば、かなり実用的に使えそうなのに。

Adobe Comp

いまやクライアントの打ち合わせでもiPad Proでメモとってます。あとはリモートでイメージを伝えたい場合、文字だけだと分かりにくい時に、ササッとイメージ図を書いてみせられるので、一瞬で話が伝わりやすくなります。

SPONSOR

iPad Proの参考記事もどうぞ

「手書きiPad Pro」はビジネスに最高だった

しかし、Apple Pencilに替えて書いてみると全然違った。文字を書く時の感覚は、紙に書くのと同じとまではいかないが、それにかなり近い感覚だ。しかも、Apple Pencilを持っている手を少し浮かせて描くのではなく、iPadの上に手を載せたまま書けるのもうれしい。まさに紙に書いているような感覚だ。

これはさすがのAppleクオリティです。ペンで書く気持ちよさが残ってます。

手書きメモ端末としての9.7インチiPad Pro

IMG_1741

写真を読み込んでそれに手書きで注釈を入れるのも簡単です。
手書きの図形や矢印を自動的に補正する機能があるので、仕事で使うようなきれいに仕上げる必要のあるものでも対応できます。

ブログに載せる写真の説明も手描きで書くと、温かみがあっていいですね。

iPad Pro専用スタイラスペン「Apple Pencil」をメモやお絵かきに使ってみたレビュー

お絵かきも楽しそう!

iPad Proは思考のアウトプットに使える至高の逸品です。
至高のipad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPONSOR

PROFILE

プロフィール

入江 慎吾/サービス開発だけで生きていく
15年続けた受託開発をやめ、自分が作ったサービスだけで生きていくことを決意。同じゴールを目指す仲間が集まる入江開発室を運営 / 師弟関係がつくれるサービス「MENTA」をつくりました。
(詳しいプロフィール)

PRODUCT

イリテクで開発したプロダクト

RELATION

関連する記事

SPONSOR

TAG

タグから記事をさがす